July 27, 2019

モーツァルト フルートとハープのための協奏曲

ジェームズ・ゴールウェイのフルート、フリッツ・エルメスのハープ、カラヤンの指揮、ベルリン・フィルハーモニーの演奏、1971年の録音。CDで。またカラヤンかというなかれ、これからも続々登場予定です。笑 この曲はベームとウィーンフィルの演奏が一番だと思っていたのですが久しぶりに聴いたこの演奏が素晴らしかった。ベームの盤ではウィーンフィルのトップであるシュルツよりサバレタのハープが突出して聴こえていくぶんバランスが悪いきらいがあったのですがこの盤ではゴールウェイの音色が際立つのですがそれでもいいバランスを保っているのはやはりカラヤンの力でしょうね。それにしても当時ベルリンフィルのトップだったゴールウェイは本当に見事です。

4月の写真がたくさん余っているので使います。在庫処分かな。笑

Expo0409

 

 

| | Comments (2)

July 10, 2019

モーツァルト ホルン協奏曲第1番 ニ長調

NMLから。デニス・ブレインの独奏、カラヤンの指揮、フィルハーモニア管弦楽団の演奏。モーツァルトのホルン協奏曲は大好きなのでNMLでいろいろな奏者の演奏を聴いてみるのですがブレイン以外は落ち着きません。録音する奏者なので技量はそん色ないのですが何というかホルンと一体化した楽しさを感じさせてくれる面がちょっと足らないのですね。そしてまだ40代後半だった若きカラヤンの颯爽とした指揮が魅力に花を添えています。1953年のモノラル録音ですがそういうことが全然マイナスにならない魅力的な演奏です。1番を取り上げましたが他の3曲ももちろん文句なしです。CDでも持っているのですがたぶんマスタリングのせいなのかNMLの方が美しく聴けるのも不思議(笑)。

いよいよ写真の在庫が払底してきました。5月のオッペンのローズフェスタの写真です。ピーカンのトップ光を避けようとフォギーを使いずるしちゃいました。

Img_0932wl

 

| | Comments (0)

June 28, 2019

モーツァルト ピアノ協奏曲 第22番 K.482

ゲザ・アンダの独奏、カメラータ・ザルツブルクの演奏。iTunesで購入した全集から。時々スポットで聴いていたけれど全曲を通して聴くとどの曲もモーツァルトの魅力と演奏者の素晴らしさに改めて気づかされ、ピアノの音色の美しさと緻密なアンサンブルのオケに大いに魅了されます。この曲ではオーボエが無くクラリネットとファゴット、ホルンの絡みがなんとも言えない味を出していますが特にハ短調の2楽章の暗く濃厚な味わいとその後の何事もなかったような楽天的な3楽章の組み合わせがいかにもモーツァルトらしく好きです。

 

大雨が来そうなので庭の満開のユリ&カサブランカを切ってリビングで鑑賞。庭のアジサイ群は雨大歓迎といった面持ちですが。

Img_1009w2

昨日の夕方、西に10キロほど離れた大阪(伊丹)空港にトランプ大統領が降り立ちました。滑走路が見える川の土手には大勢のアマチュアカメラマンが望遠レンズで狙っていましたがこれって警備上かなり危険な状態だと思いません?(笑)

| | Comments (0)

June 05, 2019

モーツァルト ヴァイオリンとヴィオラの協奏交響曲 変ホ長調 K.364

最近珍しく購入したCDBOXから。アバドの指揮、ベルリン・フィルハーモニーの演奏、各独奏者はCDのブックレットには記載されているけどたぶんベルリンフィルのトップだと思うので名前は省略。どちらかというと地味だけど何とも言えない気品が漂う曲です。昔LPでもCDでもベームの超名演を聴いているのでアバドの演奏は若々しいけどちと力不足ですね。というか彼のモーツァルトは少し重心が高いというかなんとなく落ち着きません。先週まで仕方なく(笑)聴いていたカラヤンの演奏は少々重いけれどさすがに堂に入ったもので聴き手を納得させる力がありました。うーん、モーツァルトは難しいです。記事のカテゴリーを協奏曲か交響曲のどちらにしようか迷ったけれど交響曲ではないと思ったので協奏曲にしました。

この間高校の同窓会で久しぶりに会ったクラシックおたくの友達は「最近何を聴いたらいいのか分からなくなった」とぼやいていましたが、モーツァルトを、と言うべきでした。迷ったときはモーツァルトですね。改めて得心しました。

 

相変わらず万博公園で。太陽と緑がまぶしい。

Img_0974l

昨日の阪神ーロッテ戦で大腸がんの手術から復帰した原口選手がいきなり2塁打を打ちおまけにヘッドスライディングの大活躍。もちろんうれしいけれどロッテファンからも大声援をいただいてロッテいや千葉が大好きになりました。

| | Comments (0)

April 20, 2019

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番

ホルスト・シュタインの指揮、ウィーン・フィルハーモニーの演奏、独奏はフリードリッヒ・グルダ。ベートーヴェンのピアノソナタと協奏曲の全集BOXから。協奏曲ではこの4番が大本命だけど他の曲も文句ありません。日本にもよく来ていたシュタインの裏方に徹した指揮とウィーンフィルの柔らかい音色と素晴らしい録音で3拍子揃ったBOXセットでしょう。ちなみに4番はアメリカなどでも5番より人気があるそうで肩の力を抜いてリラックスしたベートーヴェンが聴けるのが理由ではないかと思います。このブログでも3年に1度は登場していると思います。

そういえばブログも15年目に入っていました。開始当時はたくさんのお仲間がいたのですがなかなか続かないようです。というか今はSNSの発達でブログという形式が古臭くなっているのでしょう。私はそれなりに文章を考える時間を要するブログが脳の活性化に役立つと信じていますのでね。(笑)ていうかアーカイブでそれなりに自分の歴史や記録が分かるのも気に入ってます。

 

万博公園のチューリップは種類が多彩で楽しめます。植え方も上手です。

Img_0749l

 

| | Comments (4)

March 23, 2019

アルビノーニ リコーダー協奏曲 op.7-3

ミカラ・ペトリのリコーダー、イ・ソリスティ・ヴェネティ、クラウディオ・シモーネの指揮で。最近はCDで聴くことが多くこれも彼女のBOXセットから。聴く音楽に迷ったらこのセットから何か聴けばOKというお助けBOXでもあります。(笑)
有名なop.9-2は死ぬほど好きだけどCD最初のこの曲も十分魅力的です。
元のオーボエ協奏曲をペトリがリコーダーで演奏しているのだけど最初からリコーダーのための協奏曲だと思うほど違和感が無く、個人的にはこちらの方が好きなほど。独奏は言うまでもないのだけどバックの弦楽オーケストラがイタリアの楽団らしく明るい音色で身体の中を爽やかな風が吹き抜けていくような気持になります。
さて、数日前からココログの作成フォームが変わり、特に画像の挿入が面倒です。いまだにCDなんかの画像周りに記事を回り込ませて書くことが出来ずイラっとする日々です😠。顔マークも面白くないし(笑)。


Img_0221w2l

| | Comments (0)

November 16, 2018

モーツァルト ピアノ協奏曲第17番 ト長調 K.453

NMLから。アンドラーシュ・シフの独奏、シャンドール・ヴェーグの指揮、カメラータ・ザルツブルクの演奏。1984年ザルルブルクでのDECCAによる録音。最近はカメラータ・ザルツブルクの演奏ばかり聴いていますがシフと共演したピアノ協奏曲集がとてもいい雰囲気なのに感心。ピアニストも指揮者もハンガリー人ですがざっくり言って旧ハプスブルク系の人達なのでオケとの相性もいいのでしょうね。このオケのウィーンフィルもどきの優美な音にはいつも感心するのですがシフの柔らかで煌めくようなタッチも見事です。プロジェクトのBGMとして聴くにはもったいないのですが年末にはじっくりと聴きなおすつもりです。
 

2年前の写真ですが。JR大阪駅の時空(とき)の広場。
 
Img_0270m

| | Comments (2)

October 17, 2018

ハイドン トランペット協奏曲 変ホ長調

NMLから。モーリスアンドレの独奏、アルベール・ボーカンの指揮、ルーアン室内管弦楽団の演奏。DECCAレーベルでアンドレが聴けるのは不思議な気がするけれど聴くほどにその腕前に頭が下がります。あまりにも有名な曲ですが目の覚めるというのはこのことでしょうね。最近のプロジェクトの追い込みで疲れていた頭がすっきりとなりました(笑)。
ブレインのホルン同様超人的技術なのですが冴えた柔らかいテクニックをむき出しにしない豊かな音楽性にほれぼれします。ルーアン管弦楽団もしっとりとしたサポートです。
 
最近は写真の在庫が無いので相変わらず昔のもので・・・。

Img_2827r3l


 

| | Comments (0)

October 11, 2018

モーツァルト ホルン協奏曲集

NMLから。
デニス・ブレインの独奏、カラヤンの指揮、フィルハーモニア管弦楽団の演奏。
プロジェクトを進行させながら聴く音楽はほとんどモーツァルトです。やはり
最近頭の中で軽く鳴り響いているのが「フルートとハープのための協奏曲」ですがふと聴きたくなったのがこれ。NMLでも結構たくさんの演奏があり何種類か聴いてみたのですが独奏かオケのどちらかに難があり結局ブレイン―カラヤンのコンビになってしまいます。CDでも2枚持っているのですがリマスターしたものよりNMLで聴くほうが音がいいのです。ブレインの演奏ですがそりゃいくら天才と言われても亡くなってから60年もたった現在上手な奏者は一杯いると思うのですが少なくともモーツァルトの演奏にかけてはこれ以上のものを知りません。まあ何十種類も聴いてないですが(笑)。
まだ40代だったカラヤンの指揮も天才ブレインの邪魔をせず最上級のサポートを務めていて見事です。録音もモノラルであることを気づかせず広がりさえ感じさせる立派なものです。
永久保存版の演奏ですね。
 
 
Img_2706l


| | Comments (2)

September 09, 2018

モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番

NMLから。グリュミオーの独奏、コリン・ディビスの指揮、ロンドン交響楽団の演奏。
CDでも持っているけれどめんどくさいのでNMLで聴いてます。
先日、ヒラリーとドゥダメルがローマ法王の前でこの曲を演奏したyoutubeを見て感動したので今度は好きなグリュミオーの演奏が聴きたくなりました。タイプは正反対だと思うのですがヒラリーの演奏はその端正な演奏姿からも分かるようにシンプルで引き付けられます。音色はやはりグリュミオーかな(笑)。
 
 
最近写真が払底しているので3年前の万博公園のコスモスでごまかし
 
Img_0662l

 

| | Comments (2)

より以前の記事一覧