August 16, 2017

外山雄三 「管弦楽のためのラプソディ」

NMLから。
岩城宏之の指揮、NHK交響楽団の演奏。
1960年ポーランドでの公演のライブ録音。
盆踊りのシーズンですがテレビのニュースなどでは最近の盆踊りでは「サザエさん」のテーマ曲やご存じ「恋ダンス」その他のポップス曲なども使われて子供や若者も楽しんでいるそうです。一方、地域の盆踊りでは相変わらず、月が~出た出ーた、などのクラシック(?)が主流で、どうやら盆踊り大会を取り仕切る何とか踊り教室の先生などの御威光が強いのだとかそうではないのだとか(笑)。ホント、いつまでも炭坑節では若者は集まりません。一度若い人に任せればもっと楽しい盆踊りになるのでは、などと思うのです。
一方、クラシックでは炭坑節や八木節などをアレンジした標題のような名曲があります。N饗が1960年に海外公演を行ったときに作曲されたもので、日本の民謡などをうまく取り入れているのと7分ほどなので特にアンコールピースとして人気があるようです。開始直後の激しい打楽器が「ガイーヌ」の「レズギンカ」によく似ていて楽しいし、例の月が~出た出~た、も出てきます。はい、もちろんコーラスはありませんよ(笑)。
 
 
Img_10671l


| | Comments (2)

July 29, 2017

シューマン 序曲 「マンフレッド」

NMLから。
ジュリーニの指揮、ロサンゼルス・フィルハーモニーの演奏。
メインの曲はシューマンの3番「ライン」で名演の誉れ高いものですがこの「マンフレッド」も素晴らしい演奏です。シューマンに関してはドイツの地方都市のオーケストラの演奏が好きでアメリカのオーケストラはほぼ論外扱いにしていましたがこの演奏だけは別です。ジュリーニ独特の歌心満載の指揮に対してオーケストラが実にしなやかに反応しているさまがよく分かります。少し明るい響きのドイツのオーケストラといっても分からないでしょう。
このコンビでシューマンの全曲を入れてほしかったですね。


 
 
これは5年前に撮影した万博公園のハスの花。
ピンクの宝珠が魅力的でした。 
400mm相当の望遠ズームを手持ちで写せるのが昨今のデジタルカメラ(10年前のEOSですが)の魅力です。

Img_1990r

| | Comments (2)

July 08, 2017

エルガー 「威風堂々 第1番」

NMLから。
サー・ジョン・バルビローリの指揮、フィルハーモニア管弦楽団の演奏。
「オケ老人」の演奏会でのメイン曲というかあまたのアマオケでも頻繁に演奏されるとても有名な曲です。もちろん本家英国でのプロムスでもこの1番が必ず演奏されます。中間部のホルンとチェロによって奏されるノーブルなメロディーは「希望と栄光の国」という名前で第2の英国国歌ともいわれています。イギリスの作曲家はホルンとチェロを重ねるのがお好きなようで、歌でもおなじみのホルストの「惑星」の「木星」でも使われています。
NMLにも当然のごとく演奏はたくさんあるのですがバルビローリを選んだのは大正解でした。慈父のごときサー・ジョンの下できっと練習中は団員全員で大きな声で歌ったのではないかとさえ思われます。「威風堂々」は1番が有名ですが4番も同じく少し地味ながら中間部の柔らかいメロディに魅了されます。
 
 
Img_2412l

 

| | Comments (4)

June 14, 2017

バッハ 「ゴルトベルク変奏曲」

NMLから。シトコベッキーの編曲による弦楽合奏版をニュー・ヨーロピアン室内管弦楽団が演奏したもの。
弦楽合奏による編曲版なのでかなりムーディな印象を受けるけれど大抵何かをしながら聴いている私にはピッタリかな。(笑)

梅雨に入ったというのにさわやかな晴天続きで朝晩などうすら寒い日もあり仕舞い込んだ長袖などを引っ張り出して着る始末ですがジメジメするよりはありがたいです。でも田植えが済んで水がほしい時期なので農家はお困りでしょうね。
 
これも思い切り晴天だった万博記念公園のバラ園で。
 
Img_2368wl


| | Comments (2)

May 06, 2017

コープランド 「エル・サロン・メヒコ」

Bernstein_38バーンスタインの指揮、ニューヨーク・フィルハーモニックの演奏、1961年の録音。バーンスタイン売り出しの真っ最中の録音で荒っぽいと文句を言われていたオーケストラもこういう曲では文句のつけようのない妙技を聴かせてくれます。もちろん指揮もノリノリで後年ロスアンゼルスフィルと入れた録音とは比べものにならないリズム感とエネルギーに満ち溢れています。久しぶりに聴いて元気をもらいましたね。癒されるからといってモーツァルトやヴィヴァルディばかり聴いていてはいけません(笑)

 
5月になると庭のあちこちに花が咲いているので久しぶりに大きいEOSを持ち出して写しました。
EOS X7i  18~135mm で。
 
Img_1156wl


 

| | Comments (0)

April 16, 2017

シューベルト 「魔法の竪琴」序曲

NMLから。
カール・ミュンヒンガーの指揮、ウィーン・フィルハーモニーの演奏。
1960年前半の録音で当時の雅なウィーンフrの美音を最高に楽しめるもの。主に古典を手掛けていたミュンヒンガーも決してこのオケに逆らわず結果的に最高の出来栄えになっていますnote。まだまだ風邪が抜けきらなのでやはりというかこういったほっこりした音楽がいいですね。
 
朝ドラ「ひよっこ」は無駄のない話の進め方がいいのとカメラワークも抜群で、前回のうじうじしたドラマの進み方とはえらい違いです。聖火リレーのお話は唐突すぎるけどまあいいでしょう。
 
庭はチューリップが咲き出して明るくなりました。今年は藤のつぼみもたくさん出て楽しみですがあとは山吹の出番ですね。
 
Img_2329wl


| | Comments (0)

April 02, 2017

ビゼー 「アルルの女」組曲1番、2番

NMLから。
山田和樹指揮、スイス・ロマン度管弦楽団の演奏、2013年の録音。
OSRシリーズの第6弾は再び我らのマエストロ山田の演奏です。
ビゼーの音楽はフランス系指揮者の特権みたいに思われていて、確かにカラヤンとBPOの演奏は胃もたれがしそうに重いのですが山田和樹の指揮はかなりシンフォニックではあるにしても素朴さとフランスの田舎の情緒を表した素直なアプローチで好感が持てるものです。特にギローの編曲による第2組曲は有名なメヌエットのフルートソロも素晴らしく第1、第2組曲を入れたものとしては名演の中に入れてもよいと思います。見事な録音もポイントアップの要因に入りますね。

 
万博自然文化園のクリスマスローズ園で。
原種シクラメンという立札もあり花音痴の私にはよくわからないのですがとにかくシャッターを押すことにしています(笑)
EOS M2、 15-45mmのレンズですが明るさを犠牲にした分、収差が少なく抜けの良い描写はコンパクトだし使いやすいズーム域もあって普段使うのにピッタリです。
 

Img_2244l


| | Comments (0)

March 24, 2017

グリーグ 「ペール・ギュント」 op.23

NMLから。
ギヨーム・トゥルニエールの指揮、スイスロマンド管弦楽団の演奏。ソリストとしてバリトン、ソプラノ、メゾソプラノがクレジットされていますが省略。75分の抜粋版です。
OSRの演奏でペール・ギュントを聴いたのは初めてだし指揮者も馴染みのない人で興味本位だったのですが、演奏は歌唱も立派だしこの曲に必要な抒情性とダイナミックさを兼ね備えた実に見事なもので最後まで楽しめました。とくに悲哀に満ちた「花嫁の嘆き」、「オーセの死」そして「ソルベイの歌」など名演といっていいでしょう。
抜粋版ではブロムシュテットとサンフランシスコ饗のCDを持っていて、これも素晴らしい演奏ですがいくぶん硬い印象がありこのトゥルニエールの演奏の方が好みですね。
 


万博公園の梅は結構長い間咲いていて終わりそうもないです。
 
Img_2208l

| | Comments (0)

March 20, 2017

ストラヴィンスキー 「サーカスポルカ」

NMLから。
ネーメ・ヤルヴィの指揮、スイス・ロマンド管弦楽団の演奏。
OSR(スイスロマンド管)シリーズの第3弾です。
OSRでは、ヤルヴィが主に近代物を録音しており、イベールなどもあるのですが個人的にこの人の指揮は肌触りがきついのでイベールではなくストラヴィンスキーを選びました。
この曲はサーカス団の像のバレエ用として作曲され、正式名は「若い象のためのサーカス・ポルカ」といい、1942年のニューヨーク初演では実際に50頭の像が踊ったとか。吹奏楽団用なので金管楽器が大活躍しますが最後に「軍隊行進曲」が出てくるのがちょっと愉快。OSRの冴えた金管群が冴えた音色を聴かせてくれます。

 
 
冬の間おとなしくしていた部屋のランが咲きだしました。
 
Img_2178m


| | Comments (0)

March 04, 2017

プーランク バレエ組曲「牝鹿」 FP36

NMLから。
山田和樹の指揮、スイス・ロマンド管弦楽団の演奏、2015年の最新録音。
昨年の4月まで首席客演指揮者だった山田氏はその後モンテカルロ・フィルハーモニーの音楽監督となったので彼がスイスロマンドに残した置き土産的な録音のひとつ。
「牝鹿」というのは若い娘たちという意味で、バレエ自体も大掛かりなグランバレエではなく複数の若い男女が部屋の中で踊るという小規模のものです。短い導入部の後トランペットとヴァイオリンによる軽快なロンドーで始まる15分程度の組曲ですが洗練されたオーケストレーションはしゃれた音楽の多いプーランクらしいですね。
山田氏はブザンソンのコンクールで優勝したからかフランス系のオケとの共演が多いようですが、4年間首席客演指揮者だったスイスロマンドとはさすがに息の合った演奏で、この作曲家独特の軽快なリズムと多彩な管楽器の音色の扱いが見事です。ジョルダン亡き後、彼がフランス系のレパートリーの録音を一手に引き継いでいることは日本人としてうれしいことですね。NMLにはスイスロマンドの新しい録音が多いのでしばらくシリーズで取り上げようと思っています。
 

 
万博公園の梅園。EOS M2 で。クリック→大。
 
Img_2077wl


  
今日登場させる予定だった下書きが間違って一昨日upされちゃいました。(^^)ゞ

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧