May 21, 2016

オッペン ローズガーデン 助手編その1

オッペンのローズガーデンは我が家から自転車でも20分ほどで行けるので長年同居して写真の勉強をしている(?)助手に行くことを勧めました。助手は運動音痴なので運転免許はありませんが自転車はゴールド免許です。(笑)
せっかくの撮影なのでせめてLX3でも持たせようと思いましたが5年使った愛用のコンデジが良いというので任せました。
帰ってきて画像をパソコンに取り込んで見たら50ショット以上も写しておりました。私は死んだジイさんの遺言(ウソ)で太陽を背にしてシャッターは切らないことにしているのですがノー天気な助手はお構いなくパシャパシャ写していてそれが結構うまく写っています。ホント素人は怖いですcoldsweats01
ということで、その中からいいのを選んでUPしてみました。
 
写真というのは写した時の感情がそのまま出るものですが花の好きな助手がステキなバラに囲まれてうれしくて仕方ないといった気持がよく出ています。
どの写真もクリックで大きくなります。

バレリーナっていい名ですね。向こうに見えるのはJR京都線です。
 
0031m

 
このピーカンでよく写ったなあと思った1枚。Canonのコンデジ侮るべからずですね。
 
0061m
 

0111m


0131m


0151m


0171m


0191m


0211m


まだ何枚か写真があるので後ほど続きをUPします。
 


 

| | Comments (0)

October 15, 2015

Canon DPP4 の威力

梅田の阪急百貨店のウィンドウディスプレイが面白いというので見に行ってきました。入江明日香さんという銅版画家の三次元モビールディスプレイです。
今回はEOS-Mに18-55mmのズームを使用。
クリックで大きくなります。

 
Img_1382wm


全部で8面ほどあり、すべて冬の情景を描いたものですが独特の和風タッチにほのぼのとします。
 
Img_1373wm


Img_1374wm


Img_1376wm


Img_1378wm


Img_1381wm


さて、ここまで見てきてブログのタイトルと内容が違うと思われるかもしれませんが本題はこれからimpact
 
これは現代の「大阪ときめきショッピングの図」です。
 
Img_1380wm


そして次の写真も同一のショットです。

Img_1380m


違いがおわかりでしょうか?

下の写真のウィンドウの周辺をよく見ると外側に幾分湾曲しています。
これはズームレンズ特有の歪曲収差で広角側にすれば本来まっすぐな周辺の直線部の中央部が外側に曲がるいわゆる「樽型歪み」が出ます。逆に望遠側にすれば周辺の中央部が内側に曲がる「糸巻き歪み」が出ます。

Canonのデジタル一眼に付属の" Digital Phot Professional 4 "(DPP4)というソフトウェアは本来RAWで取り込んだ写真の現像ソフトですがサイトからレンズデータをダウンロードすることによってレンズの持ついろいろな収差を補正することができるのです。
私も5年ほどRAW現像をしてきましたが、今回初めて歪曲の補正までできることを知りました(恥)。
最近のデジカメは撮影データに多くの情報が入っていますがこうやってレンズの収差の補正まで出来るとなるとメーカーは収差を無くすことよりもレンズそのものの個性を出すことに注力できるわけですね。
フィルム時代の感覚でいうと邪道だと言われるでしょうがデジカメ自体がPixelという微細なデジタルデータの集合で写真を取り込み復元しているのですから当然の流れと思います。

ちなみにRAWというのはその名の通り生(未加工)のデジタル画像データ(大体12ビット)で、パソコンで専用ソフトを使えば好みの仕上がりに調整できるのと加工しても画像が劣化しないのが大きな長所です。JPEGでの出力はカメラ内部で処理し8ビットに圧縮された画像データなのでそのまま鑑賞・出力できますがあとから加工するとその分画像が劣化するのが難点です。


最後に補正前の最初の写真を載せます。
 
Img_1382m

天井とフロアの直線部が少し曲がっているのがお判りでしょうか。
最後の2枚以外の写真はすべて歪曲補正を行いました。


ソフトの使い方がいろいろ分かると安いレンズを使っているビンボーカメラマンとしてはうれしい限りです。
写真を写すのが一層楽しくなりました。

 

| | Comments (0)

December 11, 2014

コーナーギャラリー 晩秋編

新しく写真を伸ばして我が家のコーナーギャラリーの一部を入替えました。
写真は晩秋編なんですが季節はもう初冬に入ってしまいました。
右側上段の真ん中は島根在住の写真愛好家の知人に頂いたものです。
データを送っていただいて、外注で大きくしました。
デジタル写真て便利ですね。
下段は紅葉シーズンの京都です。
 
クリック→大
 
Img_0653rm


| | Comments (2)

December 08, 2014

絶景パノラマ 「やや! あれは」

まずは知人が撮影したパノラマ写真をご覧ください。 
クリック→大
 
Panorama2

これは軽自動車のCMで有名になった「ベタ踏み坂」の上から撮影したものです。この橋の正式名称は「江島大橋」といい、鳥取県境港市と島根県松江市の間に架かっていますが、船舶の航行に支障が無いように最高部は44.7 mという高さになっています。橋の勾配は島根県側は6.1 %、鳥取県側は5.1 %と、島根県側から登る方がきつく、地元に住む知人も同じ感想を述べられていました。
 
さて、次はパノラマ写真の左側を拡大したものです。
写っている山は大山ですが、頂上付近と山の左側に米子空港から飛び立った2機の飛行機が見えます。偶然写ったものですがこのカメラの解像度の素晴らしさと同時に2機の飛行機が写り込んだシャッターチャンスに驚きました。
クリックして大きくすればよく分かります。

Panorama3

ちなみに、写された知人は写歴30年近いカメラ愛好者ですcamera


| | Comments (0)

April 03, 2014

徒然に

少し前までは殺風景だった庭もこの何日かで春爛漫といった風情になりました。
 
毎年のように植えているチューリップが咲きだしたので今年初めての記念写真です。

EOS-M 40mm クリック→大
 

Img_0306m


| | Comments (2)

July 12, 2013

アンバランス

ミラーレスにマウントアダプターをつけて手持ちのEFレンズを付けてみましたが、このマウントアダプター、カメラに比べて結構重く、取り付けるとちょっとアンバランス気味です。というか普通の一眼レフはこのアダプタがミラーボックの容量なんですね。

せっかくですから3種類のレンズをつけて記念写真を撮りました。

まず、EOS-M純正の薄くてパンケーキと言われる焦点距離22mm、F2のレンズ

 
P1020383m

次にアダプタを付けてEOS一眼での標準ズームレンズ 18mm~55mm を付けたもの。レンズにカメラが付いているみたいです(笑)

 
P1020384m

EOS一眼でのパンケーキレンズ(40mm F2.8)もアダプタを付けると結構大きい。

 
P1020387m


55mm~250mmの望遠ズームを付けるのはかわいそうなのでやめました(笑)

こうやってみると軽くて小さいミラーレスも、レンズをたくさん持っていくとその意味が無いので、せいぜい+1本程度だと思います。当分は純正のコンパクトなレンズとの組み合わせで使おうと考えています。


| | Comments (0)

July 11, 2013

ミラーレス一眼

梅雨が明けたためか悪い虫が騒ぎ出して、Canonのミラーレス一眼を買っちゃいましたcamera
持ってるEOS一眼は5年前なので画像エンジンが古いようで赤いバラの色再現に不満がありますが、最新の一眼はやはり高いのと重いカメラをぶら下げるのもちとしんどい。
凝ったメカは無いけれどシンプルだし内容的には最新のカメラなのでミラーレスに決定。一番の決め手は明るいF2のレンズが付いて手の届く価格だったことと、アダプターを付ければ手持ちのEFレンズが全て使えることですheart04
外観や重さはコンデジのPanaのLX3より少し大きい程度で、これなら小さなバッグで充分note

ミラーレスの一番の長所は、名前の通り内部の可動ミラーが無いためレンズの設計がすごく楽なことです。
一眼レフのレンズ、特に広角および広角域を含む大半の標準ズームレンズはレンズの後端が、跳ね上るミラーに当たらないようなレトロフォーカスタイプにするため設計が複雑でコンパクトに出来ないのです。
その点ミラーレスでは、昔のレンジファインダー型と同じく無理の無い設計が出来るので、コンパクトで素直な写りのレンズ製作が可能です。
つまり明るく小さく写りの良いレンズが期待できるということですgood
 


 
いつもの朝食の一部を試写しました。玄米黒酢を入れた無塩野菜ジュース、納豆をを追加する煮大豆、すりゴマを入れたサラダ、桃、豆腐いっぱいの味噌汁、後は発芽米入りのご飯を少し、食後はプルーンを入れたヨーグルト。朝は結構たべるんですよ。

EOS-M F2.0 ISO800で1/250が切れました。 クリック→大

Img_0010rm


| | Comments (4)

April 28, 2013

ブラカメラ

連休らしく良いお天気なので散歩でブラカメラしてきました。
とにかくこの時期の万博公園は鬼門でして、外周道路に入る道まで車であふれるのですcarrvcarcarrvcar。 
今日のお供はixy51s、せっかくなのでお遊びモードで愉しみました。
全部クリックで大きくなります。

これは周辺光量が少ないトイカメラ風

 
Img_0647m
 

  
これはケバケバ原色モード
 

 
Img_0651m
  

 
池の青にも染まらぬあひるさん

 
Img_0653m


たまにはこういう気楽なお遊びもいいもんですhappy01

| | Comments (0)

April 13, 2013

露出の話

ピントと同じく写真を写すときの大事な要素である露出について少し。
フィルムであれ、CMOSなどの撮像素子であれ、被写体の明るさを処理できる能力は限られているので、レンズの有効口径(絞り)とシャッター速度で光の入射量を調整することを露出ということはご存知と思います。また、コンパクトデジカメなどではプログラムシャッターといってシャッター自体が絞りも兼ねるタイプもありますが、この辺の話は長くなるので今回は露出補正について少しだけふれてみます。

露出をオートモードにすると被写体が明るければ絞ったり、シャッターを速くします。しかし、桜などの白い花を写すときカメラは被写体が明るいので暗く設定しようとして出来上がりの写真は思ったより暗く写ることがあります。その反対に暗い森や林を写すと自分の感じたより明るく写ることもあります。だから白い花を写すときは露出を補正で明るく写るように、森や林などを写すときは暗く設定することがあります。

最近はすぐに液晶モニタで確認できるので、設定しなおして写すこともできますが、面倒なときは一眼レフなどについているオートブラケットモードを使うと標準、+設定、-設定の3枚を連続で写してくれます。
ただ、最近のちょっといいコンパクトデジカメはある程度シーンの判別もするようで普通に写しても結構大丈夫ですね。ホント賢いgood
その点一眼はまじめに写すのでいろいろセッティングする必要があるようです。

あと、写した後の画像処理ですが、すでに8ビットサイズに圧縮されてjpegになっている画像は触っただけ画質が劣化します。一方、一眼などに付いているRAW(未処理画像)ファイルは12~16ビットというサイズで生のデータがあるのでこれを専用のソフトで現像処理すれば画像の劣化無くjpegに変換することが出来ます。
   

 
Canon EOS F5.6 1/400 撮影時の露出補正は無し。
RAW現像でバックの林の前でチューリップが浮き上がるように明るさを1/6下げ、シャドウ部を2段階落としたもの。クリック →大

Img_2706rm

RAW現像のソフトはカメラメーカーですべて異なりますが、Canonのは簡単でとても使いやすいのでありがたい。

| | Comments (0)

April 10, 2013

ピントの話

昨日の記事に「パンフォーカス」という言葉を使いましたが、これは写す対象物だけでなくその手前から向こうまで幅広くピントが合うことです。
パンフォーカスにしたいときは絞りを深く(数値を大きくする)すればよいのですが、同じ絞りにしてもその効果はカメラやレンズによって変わってきます。
絞り値(F)=レンズの口径(D)/焦点距離(f)なので
焦点距離40mmのレンズをF11に絞ると
レンズの有効径(D)=40mm/11=3.6mm

下はEOSの40mm F2.8のレンズをピントを深くするためにF11に絞った写真。手前のチューリップから太陽の塔までなんとかでピントが合いますが、少し危うい。

 
Img_2691rm

昨日の写真を再度登場させます。
 
Img_0634m  
 

このときのカメラのレンズの焦点距離 f=5mm
このときの絞り値が F3.4 なので
レンズの有効径(D)=5mm/3.4=1.5mm となり
40mmレンズであれば、F27という大絞りに相当するので、上の写真に比べると余裕で前後にピントが会っています。
つまり、コンパクトデジカメは焦点距離の短い小型のレンズを使うので、広角設定にして2m以上離れた被写体であればほぼ全域にピントが合う、つまりパンフォーカスとなります。
しかし、花などをアップで写したいときにバックまでピントが合うのは煩わしいので、コンデジより焦点距離の長いレンズを使える一眼レフが好まれるわけですね。

次は桜の花を浮き立たせるためにバックをぼかした写真です。
40mmレンズをF2.8の開放絞りで写しました。
有効径は14mmなのでまずまずバックがボケています。
ただ、ボケの形があまり良くないのが残念。
 

 
Img_2669rm
 

 
文中の数式で、(nearly equal)が呼び出せなかったために丸めた値にしています。

| | Comments (2)

より以前の記事一覧