« ショスタコーヴィチ 交響曲第11番 | Main | ショパン 24の前奏曲 »

July 24, 2020

ブルッフ スコットランド幻想曲

RCAのLIVING STEREOというSACDで。年に何回か行う在庫CDを聴くシリーズです。ハイフェッツの独奏、サージェントの指揮、新ロンドン交響楽団の演奏、1962年の録音。SACD仕様だけど家では普通のCD音で特に音がよいとも感じないけれどハイフェッツのシャープな演奏は1本筋が通っていてあまり好きでないこの曲を見なおしました。

最近は〇〇ナ騒ぎに乗じてあまり外に出なくなったので体がなまっています。カメラのシャッターもあまり押してないし。ただ、いつも言うように必要以上に〇〇ナを怖がる必要はないですね。いつも思うのですがメディアが騒ぎすぎです。彼ら視聴率を上げようと殺人など怖い話を重点的に取りあげますが人を助けたとかいいお話はあまり出ません。井戸端会議と一緒かも。一千万人都市の東京で1000人感染していても0.001%です。満員電車は仕方ないけれど〇〇バレー、〇〇ドカフェなど密状態な場所に行かないように注意するだけです。と、〇〇ナの話はこれだけにします。

7月の庭。アナベルや桔梗が咲いていました

Img_0222wl

|

« ショスタコーヴィチ 交響曲第11番 | Main | ショパン 24の前奏曲 »

協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ショスタコーヴィチ 交響曲第11番 | Main | ショパン 24の前奏曲 »