« リヒャルト・シュトラウス 交響詩「英雄の生涯」 | Main | ショスタコーヴィチ 交響曲第11番 »

June 18, 2020

怯えず侮らず

ここ3か月ほどテレビのニュースはコロ〇一色です。それはいいのですがほとんど発症者も出ていない県の人までが「怖い」と言っているのが分かりません。感染原は大勢が密集するライブハウス、夜の繁華街でのある種のお店そして高齢者の多い病院や施設のようでそこらの道路を歩いていて感染するとは思えないです。私もバスや電車など公共交通機関や病院、クリニックに行くときはマスクしますが普通に散歩するときはほとんどマスク無しです。ただ家に帰れば必ずイソジンでうがいをしてしっかり手を洗いマスクをしたときはハイターを薄めた液で消毒し1時間程置いてきれいに洗って再利用します。手洗いとうがいを励行し、きちんと対処すれば恐れることは無いですね。ちなみに人口37万人のわが市の感染者累計は40名ほどで退院した人は35名ほど死者は1名です。怯えず視界侮らずです。しかし6月最初の投稿とはさぼりすぎですね(恥) でも音楽は毎日しっかり聴いています。

6月になると庭は紫陽花とユリで一杯です。

Img_0208wl

|

« リヒャルト・シュトラウス 交響詩「英雄の生涯」 | Main | ショスタコーヴィチ 交響曲第11番 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« リヒャルト・シュトラウス 交響詩「英雄の生涯」 | Main | ショスタコーヴィチ 交響曲第11番 »