« シューマン 交響曲第3番「ライン」 | Main | ハイドン 交響曲第83番 ニ長調 »

March 12, 2020

Haydn ハイドン 交響曲第96番

図書館で借りたCDです。ワルターの指揮、ニューヨーク・フィルハーモニックの演奏。1954年のモノラル録音だけど音は美しいし何よりもワルターも十分元気なころでニューヨークフィルもとびきりの美しさです。バーンスタインの時のざらりとした音とは全然違いますね。この頃のワルター、ニューヨークが良いという話は聞いていたのですが実際に聴いてみて大いに納得。ナクソスにはブラームスもあるのですがまたの機会にします。久しぶりに素晴らしいハイドンを聞いてすっきりしました。最近はFBが忙しくてこの記事が3月はじめてでした。しかし、ブログを開始して16年目に入ります。ボチボチと続けようと思います。

少し忙しいのとコロナの影響もあって最近は近場の池によく行きます。水面すれすれに飛ぶのはダイサギだと思います。向こう岸からカメラで狙う人もいます。

P10200901l

|

« シューマン 交響曲第3番「ライン」 | Main | ハイドン 交響曲第83番 ニ長調 »

交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« シューマン 交響曲第3番「ライン」 | Main | ハイドン 交響曲第83番 ニ長調 »