« January 2020 | Main | March 2020 »

February 2020

February 24, 2020

シューマン 交響曲第3番「ライン」

NMLから。ジュリーニの指揮、ロスアンゼルス・フィルハーモニックの演奏。噂には聞いていたのだけど本当に素晴らしい演奏。シューマンの好きな私だけどアメリカのオーケストラではシューマンは無理だと思っていましたがこの演奏を聴いて考えを改めました。シューマンはドイツのオーケストラのほの暗い響きが似合うのですがジュリーニはそうではなく明るくしかし柔らかい音色でシューマンに光を当てたのです。3番というどちらかというと明るい曲調にしても歌心一杯のこの柔らかい響きは魅力的なシューマンを創り上げています。他にもベートーヴェンの5番を聴いたのですが同じように「運命」などという縛りから抜け出した爽やかと言ってもいいベートーヴェンを演出しています。どちらも歴史的名演と言って過言ではないでしょう。

最近は厄介なウィルスのおかげであまり出歩かないのですがここは大丈夫だろうと万博公園に行きました。梅がほぼ満開です。

Img_1680l

| | Comments (0)

February 16, 2020

ストラヴィンスキー 「兵士の物語」

マルケヴィッチの指揮、アンサンブル・ド・ソリストの演奏、語り手がジャン・コクトー、悪魔がピーター・ユスティノフ、兵士がジャン=マリー・フェルテという豪華な顔ぶれ。図書館から借りました。1962年の録音だけど自然で鮮明そのもので初めて聞くコクトーの少ししゃがれた声にも感動します。悪魔との対応も用心していた兵士ですが最後は悪魔が勝つという結末が物悲しいけど少しおかしい。まあ、おとぎ話だと思えばいいのでしょうか。勧善懲悪でないのがいい。

久しぶりに神戸の王子動物園に行きました。小学校低学年の遠足の定番地です。あまり知られていないようですがここは日本で3箇所だけのパンダがいる動物園です。少し前までカップルでしたが彼が亡くなったので旦旦(タンタン)は彼氏募集中です。

Img_3263l

| | Comments (0)

February 11, 2020

ハチャトゥリアン 「仮面舞踏会」

NMLから、キリル・コンドラシンの指揮、RCAビクター交響楽団の演奏。1958年頃の録音ですがリマスターらしく美しい音で聴くことが出来ました。お正月にテレビで放映された映画「マスカレード・ホテル」のバック・ミュージックがよく似ていたのでチョイスしたもの。ジンタそのものと言っていい泥臭いワルツで始まりますがなぜか郷愁をそそられるメロディーは本当に魅力的。最後のハチャメチャなギャロップも楽しい。コンドラシンという人はロシア人にしてはヨーロッパ感覚の音楽性を持っているようで下手をするとロシアの田舎音楽になりそうな曲を楽しくスマートに聴かせてくれます。伴奏も上手だしショスタコーヴィチの交響曲でも名演をが多くまさしく大指揮者ですね。映画は東野圭吾の原作らしく複雑な筋書きでよく分からない部分も多いのが難点ですが長澤まさみと木村拓哉のコンビが魅力的。最後に二人が私服で会う場面でマスクをした彼女が彼の前でマスクを取りにっこり微笑むシーンが暗示的でいい。ホテルに来る(居る)人はみなマスクをつけているように本心を見せないのだという言葉の裏返しでマスクを取った彼女は彼の前で初めて本心(好意)を見せたということなのでしょうね。

3日の節分には宝塚の中山寺に行きました。中山寺は安産のお寺として有名ですがここでは毎年2月3日の豆まきの前に観音様が仏教でいう貪・瞋・痴の三毒を福・禄・寿の神に変えるという寸劇を宝塚歌劇団の生徒さんが演じますが今年は星組の生徒さん7人が演じました。立っていた隣にお孫さんが出るのだという方が居て北海道から来られたそうですが舞台は本殿の左右にあり6000人もの人出なのでちゃんと見つけて写すことが出来ればいいなと思った次第です。

Nakayama_setsubun

| | Comments (0)

« January 2020 | Main | March 2020 »