« August 2019 | Main | October 2019 »

September 2019

September 28, 2019

チャイコフスキー 幻想序曲「ロメオとジュリエット」

カラヤンの指揮、ウィーン・フィルハーモニの演奏。「カラヤンの遺産」BOXから。またまたこのコンビだけどもう絶賛の言葉しか出ないです。ロシア五人組がこの曲を聴いて六人組になった(実際はならなかったけど)と言ったのがよく分かります。でもチャイコフスキーは五人組(リムスキー・コルサコフを除いて)よりはるかに西欧に近い感性があり洗練されているのでカラヤンの出番が増えるのでしょう。ダイナミックで美しくはかなげなこの曲の最高の演奏と言って差し支えないですね。

写真は4月の万博公園のチューリップ。在庫大量です(笑)

Img_0616l_20190928094401

| | Comments (0)

September 26, 2019

ドヴォルザーク 交響曲第8番 ト長調 op.88

カラヤンの指揮、ウィーン・フィルハーモニの演奏。同じコンビのデジタル録音もあるけれどこれは1960年ころのアナログ録音。カラヤンの遺産というBOXセットから。しかし、なんだかんだ言ってもこのころのカラヤンは最強の指揮者でしたね。この曲ならこう聴きたいなという気持ちをぴたりとくみ取って期待以上に聴かせてくれます。3楽章は有名だけど結構陳腐な曲だとも思うのですが聴き終わるとドヴォルザークを聴いたという満足感で心が満たされます。デジタル版はオケは変わらず美しいけれど少しお疲れ気味かな。

来月に要るものを頼まれたのでがんばって創り上げました。やれやれ。

 

4月の万博公園のチューリップの写真がたくさんあるので時期遅れだけど公開。

Img_0643m

| | Comments (0)

September 20, 2019

本日は晴天なり

昨日はたまっている有休をとって(?)神戸の御影公会堂に行ってきました。標題の通り全くの快晴。撮影用語でいうピーカンです。御影は大河ドラマ「韋駄天」で大活躍している加納治五郎さんの生誕地なので2年前に公会堂が改修されたときに記念コーナーができたのです。JR六甲道からバスに乗って公会堂前で降りると目の前です、というか高校3年間このバスに乗っていました。

Mikage2

石屋川から六甲山を見るのもホント懐かしい。故郷の光景ですね。

P1010197m

公会堂の中に入って地下に降りると加納治五郎記念コーナーがありました。

Mikage3

大ホールなどを見た後地下の食堂で有名なオムライスを注文。味はまあまあでしたがずっとクラシック音楽が流れていました。ちょっと渋めの選曲です。

Mikage4

公会堂に入る前に隣にある母校を見学したのですがちょうど中学生の保護者対象の公開授業があり卒業生だというとすんなり中に入れてくれました。さすがにここからは撮影はしないです。1年生の授業、我々の時と違ってとても真剣でした。食事のあと公会堂のロビーで休んでいたら生徒たちが大勢入ってきたのですが見知らぬオジサンたちに「こんにちは」と挨拶する女生徒もいて感激。思わず「ごきげんよう」なんて返事しそうになりました。昔は受験で暗いイメージしかなかったのですが礼儀正しい後輩たちを見ていい学校なんだなと感慨も新たにした次第です。ホント、行ってよかった。

 

 

| | Comments (0)

September 15, 2019

モーツァルト ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466

ゲザ・アンダの独奏・指揮、カメラータ・ザルツブルクの演奏。iTunesで購入した全集から。20番だけは気にいった演奏は少ないのですが弾き振りながら見事な演奏です。やはりオーケストラの共感が大きいのでしょうね。

昨日までかなり涼しかったのが今日のお昼は暑さがぶり返しました。でも湿度が少ないのがありがたいです。それにしても停電の長引いている場所の皆さんは本当にお気の毒だと思います。申し訳ないのですが普通に生活できることに心から感謝しております。

相変わらず万博公園の写真。たぶんアメリカ館のあった辺りの池。

Img_0276l

| | Comments (0)

September 12, 2019

ヘンデル クラヴィーア組曲第5番 ホ長調 HWV430

リリテルのピアノで、リヒテルBOXから。第5番の第4楽章 アリアと変奏曲は有名な「調子のよい鍛冶屋」ですが軽快な楽曲ではありますがこの典雅極まる音楽にどうしてこんな名前を付けたのでしょう。さてリヒテルのピアノでの演奏は重くないタッチと美しい音色で見事だなぁと思うばかりです。最近リヒテルの演奏を聴くと立派だけどもう昔の演奏家だなという近寄りがたさも感じているのですがこのヘンデルだけは別格ですね。

暑さも幾分収まったようですがやはり緑の多い写真を。太陽の塔はいいのですが知らぬおじさんも写ってしましました。(残念)

Img_2954wm

| | Comments (0)

September 08, 2019

ベートーヴェン ピアノ協奏曲

大阪では本気で暑さがぶり返しましたが何とかやっております。景気づけにベートーヴェンなどを聴いてみました。これも聴かないCDBOXから。グルダの独奏、シュタインの指揮、ウィーンフルの演奏。1番から初めて3番で休憩中です。続きはまた明日。昨夜は長男たちが来て(久しぶりに)ご馳走だったのですがたぶん初めて買った角瓶のハイボールがおいしかった。当分続けます。あと、仕事も仰せつかったので今週はちと忙しいです。まあ、楽しい作業ですが。最近はFBが忙しいですね。

写真は相変わらず緑の林を。

Img_1000m

| | Comments (0)

September 05, 2019

ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ 第5番 ト長調 op.24「春」

グリュミオーの独奏、クララ・ハスキルのピアノで。ヴァイオリン全集から。モノラル録音だけど音量を上げずに聴くせいか全く感じさせない美しい音です。この二人の競演で圧倒的な支持を受けているベートーヴェンのソナタの中でもやはり「春」は曲の美しさもあってとてもベートーヴェンが作曲したとは思えない(?)美しさに溢れています。歴史的名盤です。

一瞬でも暑さが去った後でぶり返されると本当にしんどいですね。もう少しのガマンです。

ということで今回も林の写真を。

Img_2963m

 

| | Comments (0)

September 01, 2019

バッハ 無伴奏ヴァイオリンソナタ 第2番 BMW1003

ギドン・クレーメルの独奏で。ヴァイオリン全集のCDから。8月も終わり涼しくなりました。そこで気分一新バッハから聴き始めることに。これまでグリュミオーの音色が好きだったのですがクレーメルの厳しいアプローチが気になって選んだのですがバッハを聴くならこちらでしょうか。暑さでへばった身体と耳がしゃっきりしました。音楽を楽しめる心があるって本当にいいですね。

写真はやはり緑の多いものを選びがちです。

Img_1232m

| | Comments (0)

« August 2019 | Main | October 2019 »