« バッハ 平均律クラヴィーア曲集第1巻 前奏曲第1番 | Main | ストラヴィンスキー 「兵士の物語」 »

July 14, 2019

モーツァルト フルート四重奏曲第1番 ニ長調

NMLから。エマニュエル・パユの独奏、他の3人の奏者の名前は省略(ごめん)。大変有名な曲で変奏形式の3番の方が楽しめるとは思うのだが何せいきなり親しみある楽しいメロディが流れてくるのに惹かれてしまったのです。そういう意味では柔らかい音色をもつパユの演奏は日曜日の朝に最適ですね。

先週から大河ドラマ「韋駄天」が面白くなってきました。この2カ月ほど録画してもほとんど見なかったのですが新しいキャストやまだ不遇の時代だった女性選手が登場するようになってがぜん面白くなりました。特に阿部サダヲの登場で一気にボルテージが上がりました。一途な人見絹江さんを演じた女優さん(ダンサー?)も素晴らしかった。相変わらず途中のストリーテラーとしての落語家を演じる人が全く面白くないのが残念。この人っていないほうがよほど話の流れがよくなると思うのですが。

 

桔梗のアップがそれほど面白くなかったので全身を写しました。使いやすい標準ズームだけど望遠側は80mmほど欲しい。梅雨の合間の庭は緑が濃いですね。

Img_1027wl

|

« バッハ 平均律クラヴィーア曲集第1巻 前奏曲第1番 | Main | ストラヴィンスキー 「兵士の物語」 »

室内楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バッハ 平均律クラヴィーア曲集第1巻 前奏曲第1番 | Main | ストラヴィンスキー 「兵士の物語」 »