« モーツァルト ホルン協奏曲第1番 ニ長調 | Main | バッハ 平均律クラヴィーア曲集第1巻 前奏曲第1番 »

July 12, 2019

セミが鳴きだした

3日ほど前から朝方セミが鳴きだすようになりました。それもあのにっくきクマゼミです。家のそばに結構大きな木があるのでうるさいだけで品も情緒もまったくないクマゼミのいい住処になるようです。それにしてもセミって子供の遊び相手以外に何の役に立つのでしょう。鳴かずに黙って木にしがみついておれないのでしょうか。同時に鳴くときもせいぜい5、6匹までにしてそれ以上は譲り合う謙虚さは無いのでしょうか。陽が落ちたら郷愁を誘うように鳴く蜩のようなゆかしさは持ち合わせていないのでしょうか。時々通るバイクよりひっきりなしにわめき続けるセミの方がよほど大きな騒音公害なので各小学校もたくさんセミを捕まえてきた子は成績が上がるなんて方針を出すように教育委員会に手紙を出そうかと考えております。(笑)いやホント、クマゼミの少ない関東地方の方が心底うらやましいですね。

庭の桔梗。右側の膨らんで開きそうな蕾が珍しかったのでシャッターを切ったら左の開いた桔梗の上方に蜂らしきものが飛んでいました。

Img_1019wl

 

|

« モーツァルト ホルン協奏曲第1番 ニ長調 | Main | バッハ 平均律クラヴィーア曲集第1巻 前奏曲第1番 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« モーツァルト ホルン協奏曲第1番 ニ長調 | Main | バッハ 平均律クラヴィーア曲集第1巻 前奏曲第1番 »