« 必死のグッチー! よくやった! | Main | 感謝の日 »

June 13, 2019

モーツァルト セレナード第9番 K.320「ポストホルン」

ベームの指揮、ベルリン・フィルハーモニーの演奏、1970年の録音。最近モーツァルトが続きますがポストホルンは2日に1回位聴いています。今更ですがやはりモーツァルトは音楽の神様ですね。この曲はセレナードとは言え40分ほどの大曲で、しかし明るくリズミカルで聴くほどに幸せな気もちにさせてくれます。ポストホルンとは郵便ラッパのことですが小さいころからなじみだった楽器を使うことでより親しみやすくしているのでしょうか。ここではベームの指揮もですが当時のベルリンフィルの首席であったゴールウェイ、コッホそしてアイヒラーのポストホルンが素晴らしく、ナクソスミュージックでも聴けるのですが結局CDを買っちゃいました。当分プレーヤーに入れっぱなしになるかも(笑)

 

大阪はなぜか梅雨らしい天気になりません。

Img_0978l

|

« 必死のグッチー! よくやった! | Main | 感謝の日 »

管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 必死のグッチー! よくやった! | Main | 感謝の日 »