« 久しぶりに梅田でランチ | Main | モーツァルト ピアノ協奏曲 第22番 K.482 »

June 23, 2019

モーツァルト 交響曲第39番 変ホ長調 K.543

バーンスタインの指揮、ウィーン・フィルハーモニーの演奏、1981年の録音。彼が63歳の時の全盛期の録音なので晩年のネバネバ感が少なくウィーンフィルの飛び切りの美音の助けもあって力強さと爽やかさを兼ね持つステキな演奏になっています。39番は結構名演が多くカラヤンもいいのですが、長らく聴かずにごめんなさいシリーズとしてこちらを選びました。しかし、今更ですがウィーンフィルの室内楽的と言っていいほどの楽器のバランス感覚には脱帽です。

 

庭にはユリ(カサブランカ)が咲き乱れています。私は気づかなかったのですが長男たちが来て帰る時に切って渡したユリの花束を抱いて「香りがステキ」と言っていました。女性の感覚って鋭いのですね。

Img_0988l

紫陽花も咲いています。

Img_0987l

|

« 久しぶりに梅田でランチ | Main | モーツァルト ピアノ協奏曲 第22番 K.482 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 久しぶりに梅田でランチ | Main | モーツァルト ピアノ協奏曲 第22番 K.482 »