« 仲間会 | Main | 芥川の鯉のぼり »

May 06, 2019

シューマン 交響曲第3番 op.97「ライン」

ハンス・フォンクの指揮、ケルン放送交響楽団の演奏。1992年11月の録音。デジタル録音の中ではかなりいい演奏だと思います。中堅のフォンクと定評のあるドイツの放送交響楽団の演奏によるシューマンだから悪いはずがありません。ほかにもサヴァリッシュとドレスデンのオケによる全集の貫禄十分の演奏も大いに魅力的なのですが実直で手堅いフォンクのような演奏こそシューマンには似合っている気もします。最初1番をエントリーしようと思ったのですが次に聴いた3番が心に響いたのでこちらをチョイスしました。

 

庭のバラも咲きまくっているのでまだ開き切っていないのを3本ほど花瓶に入れて部屋に置いていますがやはり香りが素晴らしいですね。まだ鼻が悪くなっていないことを確認できました。(笑)

Img_0809l

身の回りのことがほぼ片付いたのでそろそろ今年の自分の目標をしっかり定めようと思います。

 

|

« 仲間会 | Main | 芥川の鯉のぼり »

交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 仲間会 | Main | 芥川の鯉のぼり »