« バルトーク パントマイム音楽「中国の不思議な役人」 | Main | 映画とテレビドラマのこと »

April 17, 2019

ビゼー 交響曲 ハ長調

シャルル・デュトワの指揮、モントリオール交響楽団の演奏、1995年の録音。最近はCDで聴くことが多くなり、それはパソコンをたあち上げなくてもいいのですがやはりパソコンに向かって何かしながら聴いています。ビゼーの唯一の交響曲ですが17歳という若さで作曲したこともあってフランスの香りが立ち込めるような瑞々しい音楽で全楽章歌がいっぱいです。特に2楽章のアダージョでのオーボエは忘れられない美しさですね。デュトワとモントリオールですがただフランス音楽に強いという以上にしっかりとした腰の座った音が出るので秀作に近いこの曲を立派な交響曲として聴かせてくれます。名演です。

 

相変わらずのチューリップ園ですが必ず人がいるので絞りを開けて前にピントを合わせ後ろをぼかすようにしました。お歌のように、赤・白・黄色そして紫色も咲くなかなか見ごたえがあります。

Img_0616l

 

パリのノートルダム大聖堂の火災は本当に残念です。たくさんの募金が集まっているようですから5年といわず少しでも早い再建を祈ります。

 

|

« バルトーク パントマイム音楽「中国の不思議な役人」 | Main | 映画とテレビドラマのこと »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バルトーク パントマイム音楽「中国の不思議な役人」 | Main | 映画とテレビドラマのこと »