« アルビノーニ リコーダー協奏曲 op.7-3 | Main | 桜とチューリップが少し »

March 24, 2019

マーラー 交響曲第3番 ニ短調

バーンスタインの指揮、ニューヨーク・フィルハーモニックの演奏。1962年録音の旧盤。マーラーの中では4番に次いで好きな曲なので時間のある時はつい3番に手が出ます。LPでも圧倒されたけれど冒頭の8本のホルンに目をいや耳を奪われます。その他にも金管が大活躍する曲なので少々弦のアンサンブルの荒いこのオーケストラでも見せ場いや聴かせどころがたっぷりで100分間の長丁場も退屈しません。特に3楽章のポストホルンは本当に上手。夏の交響曲とも言われるそうですが児童合唱も入ってまさしく自然を賛歌する名曲です。

万博公園 旧ソ連館の近くで。シクラメンの原種だとか。

Img_0167l

|

« アルビノーニ リコーダー協奏曲 op.7-3 | Main | 桜とチューリップが少し »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アルビノーニ リコーダー協奏曲 op.7-3 | Main | 桜とチューリップが少し »