« バッハ ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ(全6曲) | Main | アルビノーニ リコーダー協奏曲 op.7-3 »

March 20, 2019

いろいろと

昨年の忙しかったプロジェクトが終わり少し落ち着きを取り戻したのと気候が良くなってきたせいもあって音楽をゆっくり聴いたり録画した映画などを見る余裕が出てきました。
BSで多く放映される古いけど良さげな映画は大体録画するのですが見たかったヒチコック監督の「裏窓」がやはり面白かった。足を骨折して暇をもてあそんでいるカメラマンのジェームス・スチュワートと恋人のグレース・ケリーによるサスペンスもので今となってはそれほどの内容ではないにしても個人的には昔のカメラが拝めるのが楽しかった。日本での公開は1955年だから制作されたのは1953年(昭和28年)頃と思われるがすでにドイツではエクサクタがペンタプリズム式一眼レフを作っていたのはさすがです。向かいのアパートを除くのに使った望遠レンズは400㎜で当たり前というかやはりドイツ製。もう10年あとだったら日本製だったでしょうね。
CMで小さい子供がお爺さんに保険の大事さを教えたり赤ちゃんの声が徐々に「第九」になるみたいなのが大嫌いなのですが、アメリカと思われる家で(たぶん隣家の)窓越しに猫にちょっかいを出していた女の子が大学を卒業して家を離れるとき半泣きで窓ガラスに手を当てるとそれまで見向きもしなかった猫が初めて手を合わせてくれるというのが本当にいいなと思います。窓枠やアルミサッシのメーカーさんですがセンスあります。
太陽の塔の前の芝生が整備されて美しくなりました。
 
Img_3141l
もう梅も終わりですが緑が濃くなってきたのが嬉しい。
Img_3149wl

|

« バッハ ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ(全6曲) | Main | アルビノーニ リコーダー協奏曲 op.7-3 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バッハ ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ(全6曲) | Main | アルビノーニ リコーダー協奏曲 op.7-3 »