« 桜とチューリップが少し | Main | 「まんぷく」セット見学 »

March 30, 2019

ブランデンブルク協奏曲 第2番 BWV1047

バウムガルトナーの指揮、ルツェルン弦楽合奏団の演奏。1978年5月スイスでの録音。DENONのCD全集ですが録音データなど詳しいのがさすが。演奏は極め付きと言ってもいいほどのもので管楽器が時々苦しいのを除けば古典的演奏のトップでしょう。

CDは10年ほど前に買ったパイオニアのDVDプレーヤーで聴いていましたがSACDの時の出力のセレクトが分からなくなって処分しなかったマランツのCDプレーヤーにしてみたらこれも悪くなかった。控えでもいざというときには活躍する見本ですね。昨日の鳥谷選手は控えじゃないけどさすがの3塁打はありがたかったデス。ありがとう。

万博公園の桜は来週が見頃ですが去年は3月の終わりで満開でした。青空に映える桜って気分がスッとしますね。

Img_2852l
   

|

« 桜とチューリップが少し | Main | 「まんぷく」セット見学 »

古楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 桜とチューリップが少し | Main | 「まんぷく」セット見学 »