« ポールモーリア 「TOCCATA」 | Main | いろいろと »

March 17, 2019

バッハ ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ(全6曲)

Bach_koganレオニード・コーガンのヴァイオリン、カール・リヒターのチェンバロ、1972年ミュンヘンでの録音。まさしく歴史的な録音と言っていいでしょう。レコードの時も買っていたような気がするけれどもう覚えてません。結構いい加減な買い物をする私ですがこのCDだけはよく買ったと自分をほめたい(笑)。そもそもコーガンの録音自体が少ない中それもジミーなバッハですからある種の驚きと歓迎の気持ちがあったのでしょう。発売された年のレコード大賞だったはずです。厳しさの鎧をまとったような二人の競演ですがバッハの演奏のお手本のようになっているのはさすが。あとで私の好きなグリュミオーを聴いてみたのですが音色の甘さが少し裏目に出たようです。でもどちらも好き
 
 
万博公園の西北(元のソ連館のあった場所の近く)に咲く山桜。
個人的にはソメイヨシノより好きです。
 
Img_0212wl

 

|

« ポールモーリア 「TOCCATA」 | Main | いろいろと »

古楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ポールモーリア 「TOCCATA」 | Main | いろいろと »