« 「ボーッと生きてんじゃねぇよ!」 | Main | 過保護 »

January 20, 2019

ベートーヴェン 交響曲第1番

Beethoven_wantギュンター・ヴァントの指揮、北ドイツ放送交響楽団の演奏、1986年の録音。年始は珍しく結構忙しかったけれど少し落ち着いたのでベートーヴェンなど聴いております。ヴァントのベートーヴェンは地味なようで結構評判なのですがこうやってゆっくり聴いてみると評判に違いの無いことがよく分かります。カラヤンとはほぼ正反対のアプローチとも言えますがセルのような厳しさまではなくたぶんオーケストラにとってはこれほど付き合い易い指揮者はいないのではないでしょうか。そのオーケストラはドイツの放送交響楽団らしく十分な技量と渋めの音色を持ちベートーヴェンにとってほぼ理想と言ってよいものですね。同じようなタイプの全集の比較としてスイトナーがあげられますがキリリとした表現とオケの上手さでヴァントが少し上回るでしょうか
 


6日に行った中山寺の初詣。
さすがに人手も落ち着いて日曜日でしたがでしたがゆっくりお詣りできました。
 
P1000949m

|

« 「ボーッと生きてんじゃねぇよ!」 | Main | 過保護 »

交響曲」カテゴリの記事

Comments

バルビさん
今年もお付き合いのほどよろしくお願いします。
ベートーヴェンの全集は10ほど持っていますがこれだと思えるものは少ないですね。個人的に好きなのはスィトナー、ヴァント、そしてカラヤンの60年代のセットでしょうか。
単体で言えばクレンペラーとフィルハーモニアの5番が巨大な演奏でした。フィルハーモニア菅があれほど重々しく響いたのを知りません。
ベートーヴェンは奥が深いです。

Posted by: よし | January 21, 2019 09:03 AM

 寒中お見舞い申し上げます。今年もブログにおじゃましますので、どうぞよろしくお願いします。
 ヴァント、セル、スウィトナー……これらの指揮者のベートーヴェンはそれぞれに大好きです。昔はよく、セル+クリーヴランドOの演奏を聴いていました。その峻厳な演奏に打たれました。その後はスウィトナー、ヴァントときました。本当にどれもが素晴らしい演奏ということに尽きます。さて、いまから誰の演奏を聴こうか?

Posted by: バルビ | January 20, 2019 03:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「ボーッと生きてんじゃねぇよ!」 | Main | 過保護 »