« 下賀茂神社へ | Main | PMバッジ »

December 29, 2018

ベートーヴェン交響曲全集

オトマール・スイトナーの指揮ベルリン・シュターツカペレの演奏。
久しぶりのCDです。地味な演奏者ですが演奏・録音とも定評のあるもので奇をてらわないオーソドックスな指揮とまろやかでしかもしっかり帯域が伸びた録音のおかげであっという間に全曲を聴き終えました。
ここ3年間ほどのプロジェクト対応でなぜかベートーヴェンを聴こうという気が全く起こらなかったのですがスイトナーの演奏を聴いて改めてこの作曲家の素晴らしさが身に沁みました。オーケストラも完ぺきとはいいがたいのですが柔らかな音色が心をほっこりさせてくれます。
どれも素晴らしい演奏ですがあえて特筆すると、大きな構えの8番、どんちゃん騒ぎにならない7番、すっきりしたたたずまいの4番でしょうか。こうやって全曲を聴いて個性的な各曲の良さがよく分かります。
 
 
Img_2578l


年末の大掃除もかなり進み部屋もスッキリしました。
 

|

« 下賀茂神社へ | Main | PMバッジ »

交響曲」カテゴリの記事

Comments

バルビさん
これまでほとんど聴かなかった録音ですが今回聴いてみてその素晴らしををかみしめております。このコンビのモーツァルトも絶品なので良い演奏会を聴かれたのですね。
他の全集としてはヴァントと北ドイツ放送響との演奏が似たような感動を覚えます。ドイツの地方のオケの温かみのある音色も魅力の一因でしょうね。
私の年末はベートーヴェン三昧になりそうです。
では、よいお年を

Posted by: よし | December 30, 2018 04:15 PM

 記事を読ませていただき、私も思わずこの全集を聴いてみたくなり、早速一番から聴いています。本当に素晴らしい演奏です。録音も佳い。
 スイトナーさんはN響アワーでよく視聴しましたね。1984年に群馬の片田舎へベルリン国立歌劇場を率いて来てくれました。モーツァルトの39番・40番、それにベートーヴェンの7番という、オーソドックスですがヨダレが垂れるようなプログラムでの熱演は忘れられません。

Posted by: バルビ | December 29, 2018 05:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 下賀茂神社へ | Main | PMバッジ »