« プロジェクトの効用 | Main | 第1プロジェクト終了! »

November 16, 2018

モーツァルト ピアノ協奏曲第17番 ト長調 K.453

NMLから。アンドラーシュ・シフの独奏、シャンドール・ヴェーグの指揮、カメラータ・ザルツブルクの演奏。1984年ザルルブルクでのDECCAによる録音。最近はカメラータ・ザルツブルクの演奏ばかり聴いていますがシフと共演したピアノ協奏曲集がとてもいい雰囲気なのに感心。ピアニストも指揮者もハンガリー人ですがざっくり言って旧ハプスブルク系の人達なのでオケとの相性もいいのでしょうね。このオケのウィーンフィルもどきの優美な音にはいつも感心するのですがシフの柔らかで煌めくようなタッチも見事です。プロジェクトのBGMとして聴くにはもったいないのですが年末にはじっくりと聴きなおすつもりです。
 

2年前の写真ですが。JR大阪駅の時空(とき)の広場。
 
Img_0270m

|

« プロジェクトの効用 | Main | 第1プロジェクト終了! »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

バルビさん
いつもコメントありがとうございます。
17番は20番以降の有名な曲に隠れた名曲だと思います。優秀な女性のお弟子さんのために書かれたそうですが柔らかい曲調を聴くとベートーヴェンの4番がこの曲を参考にしたという説に納得しますね。
私もペライアの全集を持っていますがオーケストラの音色と指揮者がいるためかさらに魅力的な演奏を聴くことが出来ました。

Posted by: よし | November 19, 2018 at 08:13 AM

 この17番のコンチェルト、綺麗ですね。私の愛聴盤はは、ペライアの盤です。何度も何度も聴きました。シフ+ヴェーグ盤は知りませんでした。お書きになっていることを読ませていただくと、とっても聴きたくなりました。特にヴェーグのことはヴァイオリン演奏の彼しか知らず、しかし友人が「ヴェーグのモーツァルトはいいよ」と言っていたので、この記事との符号に、ますます興味が出てきました。
 良い演奏の紹介、ありがとうございます。

Posted by: バルビ | November 18, 2018 at 04:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« プロジェクトの効用 | Main | 第1プロジェクト終了! »