« 今頃夏バテ、かな? | Main | まんぷく 楽しみ »

September 20, 2018

余韻を引くドラマ

ここ数カ月はいくつかのドラマを録画して見ていましたが、テレビ業界のいわゆる第2クール終了に伴い終わったものもあります。中でも印象に残ったのは「この世界の片隅で」と「義母と娘のブルース」です。
「この世界」はアニメ版も見たのですが実写版も丁寧な脚本と達者な役者さんのおかげで心に響くドラマとなっていました。最終回で主人公のすずが夫に「この世界の片隅で・・・」と愛を告げるシーンはベタですがいいなと思いました。何よりもこの女優さんのちょっと昔風の持ち味が最大限に生かされたドラマでした。NHKの「透明なゆりかご」もそうですがこういった上質のドラマで主演を務めたことがまだ若い彼女たちの今後に大きな財産となるでしょう。
ちなみに、夫が久しぶりに帰った我が家にすずがいないのでふてくされているのを家人から「はぶてている」とからかわれていましたが、「はぶてる」とは「すねる」という意味で広島や山口で使われる言葉です。
もうひとつは「義母と娘のブルース」で、元キャリアウーマンを演じる綾瀬はるかのどこかコミカルな演技に魅了されました。本人は真面目でも笑いを誘うシーンが多く、なさぬ仲だった義理の娘とも次第に距離を縮めていく過程が楽しい演出で飽きさせなかったです。「この世界の」もそうですが丁寧な言葉遣いが多いので昨今の鳥の羽より軽いセリフが横行するドラマよりはるかに見ごたえを感じさせます。
 
 
Img_04381l

|

« 今頃夏バテ、かな? | Main | まんぷく 楽しみ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今頃夏バテ、かな? | Main | まんぷく 楽しみ »