« August 2018 | Main | October 2018 »

September 2018

September 29, 2018

お待たせ 月下美人

今週の初めごろから月下美人の蕾が大きくなったので満月の25日には咲くだろうと撮影準備をしていましたがその気配はなく、カメラをセットしたまま待ち続けていました。
 
P1000902l
 

それから3日も経つと蕾が一層大きくなってきたので今晩咲くと確信しました。

Img_1660l
 

カメラをセットしたまま食事を終えテレビを見ていた夜の8時ごろ開き始めました。
 
Img_1662wl2
 

奥さんはスマホで私は一眼レフで写していたら9時過ぎには最大になりました。
直径ほぼ25センチはあります。
 
Photo


これは7月に咲いた時。直径20センチくらいですがこの夜は満月でした。
 
Img_1591wl


月下美人って葉っぱの途中から茎が伸びて咲く不思議な花です。
以上、美人に振り回されたここ数日間でした。


 

| | Comments (0)

September 24, 2018

まんぷく 楽しみ

10月から始まる朝ドラ「まんぷく」の紹介番組がありました。もちろんNHKです。
まず、主演の安藤サクラさんの笑顔を見るだけで幸せになりますheart04
以前にも映画「百円の恋」などで紹介しましたが演技の幅も奥行きも広くてシリアスな役もコミカルな役もほぼこなし私のお気に入り女優さんの一人です。と言わなくても数々の作品で主演女優賞を獲得しているので説明は不要ですね。その他の俳優陣も素晴らしいのとナレーターが愛菜ちゃんなのでステキなドラマになることが確約されたようなものです。安藤サクラさんですが曽祖父が犬養毅、親戚に緒方貞子さんがいるというのがちょと怖いような頼もしいような(笑)。
しかし最近はチキンラーメンを食べることが少なくなりました。
第1回の放送日には食べようかと考えています。
 
 
以前の写真だけど。庭のフクシア、後ろのボケの丸さがもう一つなのがちと残念。
高級レンズだと絞りの羽枚数が9枚とかでほぼ円になります。
 
Img_0575r1l


| | Comments (0)

September 20, 2018

余韻を引くドラマ

ここ数カ月はいくつかのドラマを録画して見ていましたが、テレビ業界のいわゆる第2クール終了に伴い終わったものもあります。中でも印象に残ったのは「この世界の片隅で」と「義母と娘のブルース」です。
「この世界」はアニメ版も見たのですが実写版も丁寧な脚本と達者な役者さんのおかげで心に響くドラマとなっていました。最終回で主人公のすずが夫に「この世界の片隅で・・・」と愛を告げるシーンはベタですがいいなと思いました。何よりもこの女優さんのちょっと昔風の持ち味が最大限に生かされたドラマでした。NHKの「透明なゆりかご」もそうですがこういった上質のドラマで主演を務めたことがまだ若い彼女たちの今後に大きな財産となるでしょう。
ちなみに、夫が久しぶりに帰った我が家にすずがいないのでふてくされているのを家人から「はぶてている」とからかわれていましたが、「はぶてる」とは「すねる」という意味で広島や山口で使われる言葉です。
もうひとつは「義母と娘のブルース」で、元キャリアウーマンを演じる綾瀬はるかのどこかコミカルな演技に魅了されました。本人は真面目でも笑いを誘うシーンが多く、なさぬ仲だった義理の娘とも次第に距離を縮めていく過程が楽しい演出で飽きさせなかったです。「この世界の」もそうですが丁寧な言葉遣いが多いので昨今の鳥の羽より軽いセリフが横行するドラマよりはるかに見ごたえを感じさせます。
 
 
Img_04381l

| | Comments (0)

September 17, 2018

今頃夏バテ、かな?

9月に入り8月の猛暑も終わって涼しい日々が続いたのでホットしていたのですが身体がなんとなくだるいのです。急激な気温の変化(特に朝夕)でおかしくなったみたいです。要するに後から出てくる夏バテですね。といいながら急に仕事が忙しくなったりあれこれ大事な手続きもあったりでイヤイヤ動いています(笑)。
嬉しいニュースは、大坂選手の大活躍、タイガース1試合20点!(これ、直近3試合に振り分けろという意見が大ですが)。朝ドラはただひたすらガマン。10月が待ち遠しい。
 
ということでまた以前の写真を、神戸港の写真で気分すっきりと。
 
Img_0279w1l


| | Comments (0)

September 12, 2018

ラヴェル 「亡き王女のためのパヴァーヌ」

NMLから。アリス=紗良・オットのピアノで。
大好きな曲で管弦楽版をよく聴くのですがピアノで聴くとこの曲特有の懐かしさを含んだ寂しさがよく表現されている気がします。ドビュッシー、サティ、ラヴェルを入れたこのCDは素晴らしい選曲というべきですが、彼女が素直に心を込めて引いている姿が目に浮かぶようです。
生で見たことはありませんが。(笑)
 
 
これも数年前の写真。窓辺のチューリップ。
初めてのミラーレスに250㎜望遠を付けて室内で撮ったもの。
 
Img_03391l

| | Comments (0)

September 09, 2018

モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番

NMLから。グリュミオーの独奏、コリン・ディビスの指揮、ロンドン交響楽団の演奏。
CDでも持っているけれどめんどくさいのでNMLで聴いてます。
先日、ヒラリーとドゥダメルがローマ法王の前でこの曲を演奏したyoutubeを見て感動したので今度は好きなグリュミオーの演奏が聴きたくなりました。タイプは正反対だと思うのですがヒラリーの演奏はその端正な演奏姿からも分かるようにシンプルで引き付けられます。音色はやはりグリュミオーかな(笑)。
 
 
最近写真が払底しているので3年前の万博公園のコスモスでごまかしcoldsweats02
 
Img_0662l

 

| | Comments (2)

September 04, 2018

9月になった

やっと9月になりさすがに暑さも一段落です。
今日は昼過ぎに台風が上陸するので自宅勤務です(笑)。
第2プロジェクトもそろそろ佳境に入るので音楽もあまり聴けていない状態ですが今日はiTunesでモーツァルトのピアノ協奏曲を流しています。
さて、日曜日の「西郷どん」ではカッコいい龍馬と気風のいいお龍の命を懸けた愛情劇がよかったですねぇ。寺田屋騒動ですが放送ではお龍は浴衣を着ていましたが実際には裸で2階へ駆けあがったとか。こういうのを心から惚れるというのでしょう。京女をなめたらあきまへんのぇ。吉之助の家から単身長州へ向かう龍馬のあとを身一つで追う彼女を見て糸が西郷の自分への愛情を確かめるシーンもグッときます。「西郷どん」では荒々しいシーンが多いのですがこういった男女の愛情の機微を描く場面をちりばめるのも見事で演じる女優さんたちも生き生きしていますね。脚本家の中園ミホさんの手腕でしょう。ということで比較するのも嫌なんですがもう義務として見る朝ドラの脚本のお粗末さが際立ちます。ストーリーは2の次で次々イケメンを繰り出して脚本家自身が楽しんでいるのではなんて勘繰りたくなります。

TBSの「この世界の片隅に」は右手を失った主人公の悲しみを抑えた演技や娘を失った母の激しい悲しみが画面から溢れそうで私も思わず目から水があふれました。ここでも女優さんたちの演技が見事で原作とは少し違うようですが岡田惠和氏による脚本の良さなんでしょうか。

明日のNHK「ためしてガッテン」に新しい乳がんの検査方法が紹介されるそうです。友人の知人とお医者さんが開発した装置でマンモのような野蛮な方法ではなく痛みもないスマートな方法で精度も高いそうですよ。
 
 

庭の芙蓉。助手のスマホのトリミングですがまあまあの写りです。
 
Fuyo1


| | Comments (0)

September 02, 2018

住みやすさ3位って

新聞に英国の調査では大阪が住みやすい街の3位にランクされているそうです。
1位はウィーンでこれは納得。でもなぜ大阪が3位なのか書いていますが用は交通機関などが発達していて便利なのだそうです。確かに親切とは思いませんがJR(環状線)や何本かある地下鉄を使えば神戸、京都、奈良には1時間で行けます。バスも市内を巡っているので大阪駅から時間がかかってもいいのなら乗り換えなしでかなりの場所へ行くことが出来ます。手ごろな飲食店が多いのもポイントなんでしょうか。そして何より人が気さくです。全くの他人でもちゃんと相手にしてくれるのは東京の比ではないでしょうね。
関口知宏さんのヨーロッパの旅を見ていると大都市はともかく少し地方に行けば伝統ある建屋ばかりでバスも少ないしお店屋も数えるほどで日本の過疎地域みたいです。そういう意味では大阪には何でもあるし1時間足を延ばせば海でも山でも古い文化満載の街へでも行けるのだから住みやすいのかもしれません。東京は7位だそうですがこの差は交通機関の混雑だとか。私の一押しは神戸ですが土地が狭いのでマンションなどが高いのが難点です。ちなみ今住んでいるところは30分で大阪、40分で京都、50分で神戸に行けるので個人的に住みやすさ1位ですね(笑)。
 
 
万博公園で、大好きな苔。EOS M2で。
 
Img_3065wl

 

 

| | Comments (0)

« August 2018 | Main | October 2018 »