« レスピーギ 交響詩 「ローマの松」 | Main | ライカ »

August 16, 2018

ボランティアの鑑

山口県で2歳の男の子が行方不明になって3日後に大分から来たボランティアの男性に発見され無事救助されました。本当にうれしい出来事です。
この男性は65歳になったのを期に世の中の役に立とうと主に災害現場でのボランティア活動を続けておられるのだとか。細かいことはテレビなどで取り上げられているのですが、この方まず頭がいいのと経験に裏打ちされた行動をされています。地元の救助隊が山の方にはいかないだろうと探さなかったのを以前の経験から山に入り見つけたのです。ふつうは子供がいなくなった地点を中心に半径3キロくらいの範囲の円を捜索隊員の人数で分割し抜けの無いように宛てるべきでしょう。「だろう」は絶対禁物です。といったことはまあ置いておいて、この方が子供を探し当てた後、警察が「法的にまずこちらへ引き渡すべき」というのを「私は見つけたら最初に母親に渡すと約束した。口約束も契約だから法に背いても母親に渡す」と拒否したことに心底感動しました。法よりも人情が優先するという強い気持ちがあるからこそきついボランティア活動を続けられるのだと思いました。ちなみにこの方の言う通り口約束も法的には契約になるのです。また子供の直接の管理責任は母親になるのですが預かった祖父の方には委任された責任(委任契約)もあるので判断力の全くない小さな子供さんから絶対目を離すべきではないですね。
でも何はともあれ本当に良かったです
 
 
Img_1405l


町角や団地の中に花を植えてボランティアと称する方々もいるのですが、まあお花同好会というべきでボランティアの本質とはかなり違うと思うのです。花代も別途徴収しているようだし。

|

« レスピーギ 交響詩 「ローマの松」 | Main | ライカ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« レスピーギ 交響詩 「ローマの松」 | Main | ライカ »