« 月下美人 | Main | 透明なゆりかご »

August 01, 2018

2つの朝ドラ

NHKの朝ドラを録画して夜見るのが習慣になっていますが、過去の朝ドラ「カーネーション」の再放送もあるのでこれも録画して見ています。
まず、比較するまでもなく現在の朝ドラがひどすぎます。
漫画家を目指して上京した主人公がせっかくプロの漫画家になったのにスランプに陥り結局諦めて百円ショップで働く経緯が不明です。丸の内のOL試験を受けてダメだったと言いますがその経歴では当然でしょというのとせっかくのスキルがあるのだからイラストレーターとかの仕事はあったはずです。知り合ったばかりの男に言い寄ったり幼馴染の求婚を断ったあげく知り合って4日目の男と結婚するに至ってはまったく意味不明。この主人公、何を考えて生きているのでしょう。その他何のために居るのか分からない3ババやその場限りのエピソード、そして行き当たりばったりのストーリー展開にうんざりでです。決めつけるわけではありませんが朝ドラって主人公が努力して自分の夢をかなえたり目標に向かって進む姿に共感を覚えるのだと思っているのでこのドラマのように目先だけの展開を見るのはかなり苦痛ですね。あと、片耳が聞こえないというハンデが物語にほとんど反映されていないのも不思議。
一方、カーネーションは実在の人物をモデルにしたとはいえ女性の服飾に情熱を燃やし続ける主人公の意志というものが明確に伝わってきます。出演者も小林薫をはじめ皆存在感があります。南大阪の岸和田の洋裁店を舞台にしただけで素晴らしいドラマに仕上がっているのは尾野真千子さんの演技もさることながら渡辺あやさんの脚本が素晴らしいからです。尾野真千子さんは室生犀星の短編「火の魚」を渡辺あやさんが脚本したドラマでNHK初主演だったのですがその演技を見た渡辺さんが「カーネーション」に推薦したのでは、と思っています。
あと2カ月ほどは辛抱して10月からの安藤サクラさん主演の朝ドラに期待しています。
 

 
舞洲のユリ園の上空を飛ぶ観光ヘリ。大阪湾の向こうは神戸です。
 
Img_1553l

 


|

« 月下美人 | Main | 透明なゆりかご »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 月下美人 | Main | 透明なゆりかご »