« メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64 | Main | レスピーギ 交響詩 「ローマの松」 »

August 12, 2018

スメタナ 連作交響詩 「わが祖国」

NMLから。クーベリックの指揮、ボストン交響楽団の演奏。
関口知宏さんのヨーロッパ列車の旅シリーズはオランダ、ベルギー、ルクセンブルクなどからオーストリー、チェコを巡りどうやら本当にヨーロッパ全土を制覇するみたいで録画履歴を見るのが大変です。今は1か月をかけたイタリア編を見ているのですがその前のチェコ辺りから風景や人情が日本に近く親近感を覚えました。ヨーロッパの中でも田舎という雰囲気が否めないのですが大きなヴルタヴァ(モルダウ)河のおかげもあって土地も肥沃そうです。でも昔地理で習ったチェコの特産品はガラス細工、ビールそして機関銃でした
ということでチェコの音楽を探したのですがいろいろ苦労の多かったこの国を代表する「わが祖国」に決定。演奏もいっぱいある中でチェコ出身の真面目なクーベリックと相性のよさそうなボストン響にしました。「高き城」の凛としたたたずまいもさすがですが結構さらりと流す「モルダウ」に郷愁を覚えたのは民族の血なんでしょうか。オーケストラの響きの良さも相まっていい演奏だと思います。
 
 

万博公園の向日葵をトイカメラ風にしたもの。

 
P1000846l


|

« メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64 | Main | レスピーギ 交響詩 「ローマの松」 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

バルビさん
クーベリックはどちらかというとオーケストラを制御するよりその特徴を生かす指揮だと思います。その面ではチェコフィルとのライブは最高ですね。日本びいきのコシュラーさんとの演奏も素晴らしいでしょう。

Posted by: よし | August 13, 2018 09:36 AM

 佳い曲、佳い演奏の紹介、ありがとうございます。この曲はクーベリックですね。私の所有している盤は、チェコフィルとのサントリーホールにおけるライブですが、気持ちの高鳴りを覚えます。
 その昔、我が群響に名匠コシュラーさんが客演してくれて、全曲を聴くことができました。いたく感動したことを覚えています。どんな有名オーケストラ・有名指揮者の演奏よりも、私自身の大切な宝物です。

Posted by: バルビ | August 12, 2018 05:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64 | Main | レスピーギ 交響詩 「ローマの松」 »