« ライカ | Main | セラの命日でした »

August 22, 2018

武満徹 「系図」

NMLから。小澤征爾指揮、サイトウ・キネン・オーケストラの演奏。谷川俊太郎氏の詩集「はだか」の中から6編を選んで若い人に語りを務めてもらうという意図で作曲されたもので、朝ドラ「あまちゃん」で人気者となったのんさん「能年玲奈」が日本フィルとの録音で語りを務めたという記事を読んで聴いてみましたが、ここでは指揮者の長女である小澤征良さんが英語版の語りを務めています。ほぼ3管編成ですがアコーディオンやチェレスタが入ったり弦も14-12-10-8-6と多く、大音量を出す場面はないのですが多彩な音色を駆使したなかなかロマンティックな作品です。

第1曲  むかしむかし
第2曲  おじいちゃん
第3曲  おばあちゃん
第4曲  おとうさん
第5曲  おかあさん
第6曲  とおく

中身を知らないのですが詩の題名を見ればわかるように子供が見た家族の姿を詩にしたようなので「系図」という題名は少し重く感じます。「家族」でいいのでは。また英語版の詩も私のヒアリング能力ではおぼつかないので、のんさんの語りを聞きたいと思いました。
 
 
Img_3041l


|

« ライカ | Main | セラの命日でした »

管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ライカ | Main | セラの命日でした »