« ハイドン 交響曲 第88番 ト長調 「V字」 | Main | スメタナ 連作交響詩 「わが祖国」 »

August 09, 2018

メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64

NMLから。これも久しぶりの協奏曲です。
グリュミオーの独奏、ハイティンクの指揮、ロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団の演奏。
大阪は久しぶりに35℃を下回る気温で一息ついていますが一方で台風の被害に遭われている地方の方もおられるので申し訳ない気もします。でも涼しい時は難しいことを言わずあくまでも麗しい音楽を聴きたくなるものでスーパーウルトラ名曲を選びました。独奏は音の美しさと品の良さではこの人の右に出る人は居ないグリュミオーで、オーケストラも指揮者も超一流。その昔グリュミオーは音が美しいだけとか言われたのですがバッハなどの端正な演奏を聴くと何とアホな批評をしたのだろうと首をかしげます。ハイティンクもデビュー当時は無能とかぼろくそに言われたのですが後年はカラヤンよりも広いレパートリーを持つ一流の指揮者となっています。
まあ批評家の話は置いておいて久しぶりに聴くメンコンの美しさに暑さを忘れています。
 
 
万博自然公園のヒマワリ。チュリーップが終わった後に植えられたものです。
今回はPANAコンデジのお遊びモード(後方サンシャイン)で写してみました。
 
P1000854l

 
 


|

« ハイドン 交響曲 第88番 ト長調 「V字」 | Main | スメタナ 連作交響詩 「わが祖国」 »

協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハイドン 交響曲 第88番 ト長調 「V字」 | Main | スメタナ 連作交響詩 「わが祖国」 »