« 透明なゆりかご | Main | メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64 »

August 05, 2018

ハイドン 交響曲 第88番 ト長調 「V字」

NMLから。久しぶりの交響曲です。
BS-NHKでラトルのベルリンフィル退任を機にこれまでのベルリンフィルでの活動をまとめた放送がありました。ほぼ4時間の放送を録画したものをチビチビ見ていますhappy01
録音だけを聴いてベルリンフィルはどうのこうのと思うのですがこうやってリハーサル風景やラトル自身そして楽員の生の声を聴いていると正直ベルリンフィルっていいオーケストラだなぁと思いますnote。「春の祭典」では複雑なリズムの処理について楽員と討論した後、結局ティンパニー奏者に一任ということが決まり、その鮮やかなマレット裁きを見て「正解だなぁ」と納得した次第です。ラトルの指揮は結構ゴツゴツしていてエレガントなアバドに比べると若干分かりにくいなどという話もあり、ラトルが一度カラヤンを真似したら望む音が出たなどという話も面白かったです。
そのラトルはハイドンが好きだということでこの曲を選びました。92番「オックスフォード」もいいかなと思ったのですがどの楽章もチャーミングな88番に決定。すっきりとした名演ですね。
 
 
万博公園の日本庭園のハス。6年ほど前の撮影。
250㎜の望遠ズームを手持ちで写しました。
 
Img_1987l

 


|

« 透明なゆりかご | Main | メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

バルビさん
ベルリンフィルのティンパニー奏者はライナー・ゼーガースという口ひげがよく似合うおしゃれな方ですが13歳からプロのオーケストラに入っていたという天才です。
88番はワルターを含めて名演が多いのですがラトルも肩の力の抜けた素晴らしい演奏です。

Posted by: よし | August 06, 2018 at 09:42 AM

 ラトルさんとベルリンPOとのやりとりは面白いですね。興味がわきました。春の祭典などは、楽員との討論の必要なところが多そうですから尚更です。
 この88番は楽しい曲。私の愛聴曲の一つです。ワルターさんやアーベントロートさんのLPをよく聴いていました。興味深い記事をいつもありがとうございます。

Posted by: バルビ | August 05, 2018 at 04:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 透明なゆりかご | Main | メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64 »