« ワインの精 | Main | 今後への備え »

June 20, 2018

防災を考える

激震のあった夜も何回か小さな揺れがあり目が覚めたのですが次の日の震度3くらいの余震があったあとは体がふわっとした感じが残っています。船酔いではなく地震酔いですね。また、昨夜の大雨で隣の市の山沿いで崖崩れの危険性があるため緊急避難警報が何度も鳴りました。まだ落ち着きません。
さて、あらためて今回の状況を考えたのですが仏壇は別として食器棚が無事だったのがありがたかったです。昨日の燃えないごみの日には割れたガラス類が大量に出されていました。我が家は何年か前にかなり断捨離をしていたのが良かったのとオーディオの棚にはキャスターを付けていたので少し動きましたがその分置いているアンプなどが落ちることは無かったです。とにかく1.5メートル以上の高さの棚やタンスの上に不安定なものを置かないことですね。
当分自宅待機なので(笑)まず仏壇を安定させるための材料と食器棚の支え棒を発注しましたがやはりというか支え棒は納期がかなりかかるようです。でも遅まきながらでも手当はするべきだと痛感しました。
災害は忘れたころやってくるって本当ですね。
 

 
助手が撮影した庭のユリ。白、黄色、薄紫など沢山咲いています。
 
Img_1537l

 

|

« ワインの精 | Main | 今後への備え »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ワインの精 | Main | 今後への備え »