« 新世界へ | Main | 東京の旅 その3 »

June 11, 2018

マスカーニ 「カヴァレリア・ルスティカーナ」 間奏曲

Amazon Prime Music(APM)から。
カラヤンの指揮、ベルリン・フィルハーモニックの演奏。
NMLもそうですがAPMでもカラヤンの主要な録音がほとんど聴けるのがうれしい。
いつまでカラヤンだと言われそうですが初めて聴く指揮者の演奏がつまらなかった時のショックを考えるとまず間違いないのがこの人です。というか彼自身納得できない曲は振らないようですし。ブルックナー、マーラー、ショスタコーヴィチで名演奏を残しているのは彼とハイティンクぐらいでしょうか。
ということでショスタコと迷って聴いたのがこの美しい間奏曲。肝心のオペラ自体はそれほどでもないと言ったら叱られそうですが悲劇を浄化するような敬虔な旋律がとても印象的でいつ聴いてもステキです
  
 
神戸の西の端にある舞子から架かる明石架橋大橋の夜景。左隅に見える小さな輪は橋の向こう側、淡路島のSAにある高さ65メートル(海抜135メートル)の大観覧車です。クリック→大
 
Img_3014wl


|

« 新世界へ | Main | 東京の旅 その3 »

管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新世界へ | Main | 東京の旅 その3 »