« ストラヴィンスキー 「春の祭典」 | Main | 東京の旅 その2 »

June 03, 2018

リスト パガニーニ大練習曲 第3番「ラ・カンパネッラ」

NMLから。アリス=紗良・オットの演奏で。
超有名曲なのですがNMLのリストを見ると意外に録音が少ない気がします。というか大家と言われる人の演奏は若い時のギレリスとかブレンデルくらいでしょうか。ということでもう新人ではないにしても依然としてフレッシュな印象を受けるアリス=紗良の演奏をチョイスしました。彼女が20歳の時に録音したリストの超絶技巧練習曲集の最後に収められているものですがこれらの難曲を軽々としかし軽薄にならずにしっかりと弾ききっているのに驚かされます。最初の右手の打鍵の正確さは胸のすくよう。また別のアルバムでグリーグのピアノ協奏曲と一緒に収められている「ソルベイグの歌」など技巧的には易しくてもピアノソロでは却って難しいと思われる曲も感情におぼれることなくしっとりと弾いているのにも感心させられます。女流ピアニストとしてはアルゲリッチを思い出すのですが全くと言っていいほど正反対のテンペラメントはドイツ人の血が入っているからでしょうね。
最近アンプを新しくしたら相当な音質改善があり聴く楽しみが増えました
 
 
 
Img_2940l

 

|

« ストラヴィンスキー 「春の祭典」 | Main | 東京の旅 その2 »

器楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ストラヴィンスキー 「春の祭典」 | Main | 東京の旅 その2 »