« チューリップも満開 | Main | 鹿児島の旅 »

April 18, 2018

ワーグナー 楽劇 「ラインの黄金」

ゲオルク・ショルティの指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏、独唱はジョージ・ロンドン、クリステン・フラグスタートなどの豪華な顔ぶれで、現在でも十分通用する効果音満載の優秀な録音による記念碑的名盤です。合計2時間半を3枚のLPをひっくり返しながら聴き終えました。「ラインの黄金」は全4部作からなる「ニーベルンクの指輪」の前夜祭という扱いですがそれにしても長い前夜祭です。1958年という60年も前の録音ですが今でも十分優秀だと言えるでしょう。まだまだチンピラ指揮者扱いだったショルティの名を一躍有名にしたことでも有名ですね。当時は黄金細工の金梃子のリアルな音や巨大な鉄板による雷神ドンナーの一撃などが話題だったようですが、ダイナミックレンジの広いCDを聴きなれた耳にはレコードの柔らかい響きは楽劇の進行を盛り立てる楽器として聴こえ違和感はありません。このあとは「ワルキューレ」、「ジークフリート」、「神々の黄昏」とさらに長丁場が続くのですが、まあ気長に続けることにします。
LPは19枚のBOXセットでたぶん5キロくらいあります。

 
P1000552s


先週末から旅行に出ていました。いずれUPするのでご期待ください


|

« チューリップも満開 | Main | 鹿児島の旅 »

「オペラ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« チューリップも満開 | Main | 鹿児島の旅 »