« 英国バラ展 | Main | スーザ 「海を超える握手」 »

January 14, 2018

ラヴェル 「マ・メール・ロア」

NMLから。小澤征爾の指揮、ボストン交響楽団の演奏。
アマゾン・プライムの映画に2014年版の「美女と野獣」があり、細かいことは別にして結構面白かったので「美女と野獣」が入っているこの曲をチョイス。映画は子供たちに「マザー・グース」を読み聞かせている場面から始まり、最後は劇中のベルがママで野獣から戻った王子がパパだったというおふざけもあって後味の良いものになっている。
演奏に関してはパリ管やスイス・ロマンドなどのフランス圏のオケを考えたけれどこういう曲がめっぽう上手な小澤さんに決定。ボストン饗も文句のない演奏だけどとても相性のいいパリ管ならなぁ、なんて欲張ったことを考えました。
 

梅田のバラ展にいた天使。EOS M2で。
 
Img_2557l


 

|

« 英国バラ展 | Main | スーザ 「海を超える握手」 »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 英国バラ展 | Main | スーザ 「海を超える握手」 »