« 映画 「エヴァー・アフター」 | Main | ブラームス編 「ハンガリー舞曲第1番」 »

September 24, 2017

梅田 「田中達也 見立ての世界」

久しぶりに梅田へ出かけました。
我が家の周りは山も見えて比較的のんびりしていて好きな環境なのですが、梅田に出ると若い女性の斬新なファッションに目の覚める思いがしていい刺激になります。大阪駅を降りると外国人旅行者のカップルが多く、彼らはだいたい短パンにリュックという活動的なスタイルでこれもいいですね。
この日は梅田大丸で開かれている標題の展示会を見に行きました。
「MINIATURE LIFE 展」というほうが分かりやすいでしょうか。田中達也さんはNHK朝ドラ「ひよっこ」のミニチュアが動くタイトルロールを作った方です。
しかし、10時過ぎに会場に行くとすでに長蛇の列。一瞬、安室奈美恵の引退コンサートなのかと思ったほどです(笑)。30分ほど並んで入ると50センチ角ほどの透明ブースそfれぞれにミニチュアの世界が収められていました。うれしかったのは最新作を並べた奥の部屋以外は写真撮影がOKだったことです。まあ、テレビのニュースで知っていましたが写真素材に飢えているブロガーとしてはありがたいことです。
ブースの横に作品名が書いてあるのですが写しにくかったので省略。
各自考えてください、ということで逃げます(笑)。 
どれも最近買ったコンデジ Lumix TZ85で撮影。
クリックで大きくなります。

まず、ビール大好き人間として一番気に入ったのがこれ。
 
P1000041wl
 
 
これは丘陵を駆け巡るクロスカントリーですね。
 
P1000032wl

 
文具で作られたヘリコプター。
 
P1000076l


ホチキスの図書館ですね。
 
P1000082l

 
女の子が見つめているものは、
 
P1000081l

 
ヴァージンロードを歩く花嫁。
 
P1000083l


待っているのは新郎と神父ですね。

P1000084l


たくさん写したので続きはボチボチとUPします。
新しいカメラはRAWで取り込めるコンデジですがRAWを使わなくても色調などの調整が楽なのはさすが最新の器種だと納得しました。

|

« 映画 「エヴァー・アフター」 | Main | ブラームス編 「ハンガリー舞曲第1番」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 映画 「エヴァー・アフター」 | Main | ブラームス編 「ハンガリー舞曲第1番」 »