« 真夏 | Main | ラヴェル 「亡き王女のためのパヴァーヌ」 »

August 04, 2017

映画 「植物図鑑」

レンタルDVDで観たもの。
不動産会社で働くさやかは、恋もなく客や上司に叱られる毎日だったがある夜アパートの前で倒れている青年に声をかけられる。「ボクを拾ってくれませんか? 噛みついたりしません。しつけのできた良い子です」。あまりの出来事に思わず笑ってしまったさやかは彼を部屋に入れカップラーメンを与えシャワーを勧める。翌朝目を覚ますと別の部屋で寝ていた彼はキッチンで朝食を作り、さやかの弁当まで作っていた。最初の言葉通り指1本触れようとしない彼の誠意と食事のおいしさに思わず「ずっと居ていいよ」と言ってしまうさやかだった。
彼は植物に詳しく休みの日にはさやかを誘って河原に行き、写真を撮っては植物の説明をしてくれ料理してくれるのだが苗字も住所も言おうとせず、相変わらず指1本触れようとしない。ある日、さやかの嫉妬から始まった口論で互いの好意を確認した二人は初めて結ばれる。やがて「半年だけ置いてください」という言葉通り。ありがとう、と書いたメモと彼女の写真を残して彼は姿を消した。それから1年後、さやかに彼から大判の植物図鑑が送られてきた。撮影担当に彼の名前を見つけたさやかは出版記念パーティに駆けつけるがスピーチする彼が遠い存在に感じられ途中で会場を後にするのだった。
 
若い娘が見ず知らずの男を部屋に入れたりしないよ、と胡散臭く見始めたのだが題名通り河原で蕗やフキノトウなど食べられる植物を採取して彼が美味しく料理するシーンなどを見ているうちに、この青年ならいいかな、と思わせてしまうところがミソ。有川浩の原作らしくドロドロ感ゼロで爽やかな恋愛ファンタジーと言っていいだろう。一緒に見ていた女性の感想も「こんな青年拾えないかな」だった。
女性向けお勧め映画。
 
 
 
Img_1262lm


|

« 真夏 | Main | ラヴェル 「亡き王女のためのパヴァーヌ」 »

DVD」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 真夏 | Main | ラヴェル 「亡き王女のためのパヴァーヌ」 »