« July 2017 | Main

August 2017

August 16, 2017

外山雄三 「管弦楽のためのラプソディ」

NMLから。
岩城宏之の指揮、NHK交響楽団の演奏。
1960年ポーランドでの公演のライブ録音。
盆踊りのシーズンですがテレビのニュースなどでは最近の盆踊りでは「サザエさん」のテーマ曲やご存じ「恋ダンス」その他のポップス曲なども使われて子供や若者も楽しんでいるそうです。一方、地域の盆踊りでは相変わらず、月が~出た出ーた、などのクラシック(?)が主流で、どうやら盆踊り大会を取り仕切る何とか踊り教室の先生などの御威光が強いのだとかそうではないのだとか(笑)。ホント、いつまでも炭坑節では若者は集まりません。一度若い人に任せればもっと楽しい盆踊りになるのでは、などと思うのです。
一方、クラシックでは炭坑節や八木節などをアレンジした標題のような名曲があります。N饗が1960年に海外公演を行ったときに作曲されたもので、日本の民謡などをうまく取り入れているのと7分ほどなので特にアンコールピースとして人気があるようです。開始直後の激しい打楽器が「ガイーヌ」の「レズギンカ」によく似ていて楽しいし、例の月が~出た出~た、も出てきます。はい、もちろんコーラスはありませんよ(笑)。
 
 
Img_10671l


| | Comments (2)

August 13, 2017

知らぬ仏じゃ困る

こちら関西ではお盆は8月なんだけど東京など南関東では7月だそうです。元来旧暦の7月13日~16日(新暦では7月末~8月20日前後)だったのが明治になって新暦でも7月13日~16日を当てはめたので東京近郊ではこれに従ったけれど農作業で忙しい時期なので農家や地方は1か月遅れにしたという説が有力です。
で、仏壇の前で提灯をセットしながらふと考えたのです。大阪で亡くなり新盆を迎えたあと仏壇を持って東京へ引っ越しされたら、次の年の盆には仏様は実家へ帰れなくなるのではなかろうか。大阪で長年過ごした仏様なら8月10日を過ぎてからボチボチ帰省(?)の準備をすればいいと思っているからまさか7月に終わっていたなんて、それこそ「知らぬ仏のなんとか」状態ですよ。いや、新仏様だけでなくご先祖様にも知らせるように7月に入れば仏壇にスケジュール表を張り出す必要があるなぁなんて仏壇の前で考えていました。think
 
 
 
Img_1978l


| | Comments (0)

August 12, 2017

お墓参り

家族で墓参りに行きました。
今回は私のより大きな長男の車で行ったのですが古くてもエンジンの大きな車はエアコンがよく効いて快適です。
朝は雨が降りそうな天気だったのに堺のお墓につくとカンカン照りになり絶好の墓参日和になりました(笑)。お昼は帰り道のレストランを予約していたのですが予約時間まで間があったので東2キロほどにある仁徳天皇陵(大仙陵古墳)に行きました。これまで何十回も堺に行っていますがすぐ近くなのに来たのは初めてです。
宮内庁の管轄なので警備員の数も多く、駐車場もいっぱいで外国人の姿も見受けられましたが2年後の世界文化遺産登録候補として注目が高まっているせいかもしれません。深々とした木々と美しい緑の堀に囲まれた佇まいは1600年前に作られたとは信じられないです。カメラを持っていかなかったのが残念ですが息子のスマホの写真を転送してもらいました。
 

Nintoku1s

| | Comments (0)

August 09, 2017

スイカの季節

連日35度前後の暑さで家の中ではエアコンが欠かせません。
そして、エアコンを利かせた部屋でよく冷やした甘いスイカを食べると夏もいいもんだなんて思うのです。
甘くてジューシーなスイカはまさしく夏の主人公ですね。
ただ、奥さんの実家ではスイカは食べきれないほど出来るので大阪に来て結婚してもお金を出してスイカを買うことが信じられなかったとか。
  
Img_2441wl


| | Comments (0)

August 06, 2017

ラヴェル 「亡き王女のためのパヴァーヌ」

NMLから。
テレビで村治香織さんのお元気な姿を見て安心したのでさっそくNMLで探して見つけたのが個人的に大好きなこの曲。ギター独奏に編曲されていますが幾分の憂いを含んだ曲を彼女独特の繊細なニュアンスで聴かせてくれます。もう10年以上前にDECCAに移籍したそうですが、赤とブルーのDECCAレーベルで彼女の顔を見るのはちょっと不思議な気がしますね。
 
 

3m以上の高さで咲く我が家の朝顔。
上から見下ろされるとちょっと変な気持ちです。(笑)
 
Asagao


| | Comments (0)

August 04, 2017

映画 「植物図鑑」

レンタルDVDで観たもの。
不動産会社で働くさやかは、恋もなく客や上司に叱られる毎日だったがある夜アパートの前で倒れている青年に声をかけられる。「ボクを拾ってくれませんか? 噛みついたりしません。しつけのできた良い子です」。あまりの出来事に思わず笑ってしまったさやかは彼を部屋に入れカップラーメンを与えシャワーを勧める。翌朝目を覚ますと別の部屋で寝ていた彼はキッチンで朝食を作り、さやかの弁当まで作っていた。最初の言葉通り指1本触れようとしない彼の誠意と食事のおいしさに思わず「ずっと居ていいよ」と言ってしまうさやかだった。
彼は植物に詳しく休みの日にはさやかを誘って河原に行き、写真を撮っては植物の説明をしてくれ料理してくれるのだが苗字も住所も言おうとせず、相変わらず指1本触れようとしない。ある日、さやかの嫉妬から始まった口論で互いの好意を確認した二人は初めて結ばれる。やがて「半年だけ置いてください」という言葉通り。ありがとう、と書いたメモと彼女の写真を残して彼は姿を消した。それから1年後、さやかに彼から大判の植物図鑑が送られてきた。撮影担当に彼の名前を見つけたさやかは出版記念パーティに駆けつけるがスピーチする彼が遠い存在に感じられ途中で会場を後にするのだった。
 
若い娘が見ず知らずの男を部屋に入れたりしないよ、と胡散臭く見始めたのだが題名通り河原で蕗やフキノトウなど食べられる植物を採取して彼が美味しく料理するシーンなどを見ているうちに、この青年ならいいかな、と思わせてしまうところがミソ。有川浩の原作らしくドロドロ感ゼロで爽やかな恋愛ファンタジーと言っていいだろう。一緒に見ていた女性の感想も「こんな青年拾えないかな」だった。
女性向けお勧め映画。
 
 
 
Img_1262lm


| | Comments (0)

August 02, 2017

真夏

本格的な夏になりました。
暑さが厳しいうえに(毎日35℃前後)セミの鳴き声がやかましいのです。
大阪のセミはクマゼミが大半で、鳴き声もミーンミーンなんて生易しいのではなく、ジャーージャーとかギーンとかそれはすさまじいのですがそういうのが庭の木で鳴かれると激しい殺意が起きるほどです。(笑)
現在は二重窓ガラスなので締めてエアコンをかけるとまあ大丈夫です。でもセミではない生き物が朝早くから芝刈り機をかけているの聞くとをまた殺意が・・・。(笑)

さて、朝ドラが意外な展開を見せています。
うーん、このドラマって途中から前後の脈略のない展開で進み、中途半端な登場人物が現れては消えるというのが?でしたが、記憶喪失を持ち出すのはヒキョーですよ。これをやられると真剣(でもないけれど)に見ている人がガッカリです。行方不明になっていた2年半をどうしていたかが視聴者の一番の関心ごとなのにそれはないでしょと思います。まあ、この脚本は失敗ですね。
 
 
i以前ケータイで写した写真。結構まともに撮れますね。
 
Tanpopo2


| | Comments (0)

« July 2017 | Main