« 似ているけど違った | Main | ベルリオーズ オラトリオ「キリストの幼時」 »

July 01, 2017

映画 「銀の匙」

DVDをレンタルして観たもの。コミックで連載されているものを実写化したものだがアニメ版もテレビで放映されていたようだ。
進学校から落ちこぼれて酪農高校へ入った主人公が、他の多くの生徒は酪農家の子供で将来の道も決まっている中、夢を描けないまま慣れない動物たちと悪戦苦闘しながら次第に成長していく姿を描いている。とくに生まれたときから名前を付けてかわいがっていた子豚がやがて大きくなって売られていくことを知ってアルバイトで稼いだ金でその肉を買い取りベーコンに加工して食べるところがいい。ここで飼われている動物は、ペットなんかじゃなくて経済動物なんだ、という生徒たちの言葉を実感したのだ。豚の解体シーンはなかなかの見ものだが人が食べる物は他の生き物の命を頂いているということがよく分かる。
主人公は男子の人気アイドルグループの一員だが眼鏡をかけた真面目な風貌でなかなかの好演だ。銀の匙というのは、銀の匙を持って生まれてきた子供は一生食べるのに苦労しないという言い伝えからきたもの。「夢がない」という彼に校長は「夢が無いというのはこれから何にでもなれるということだ」と言う。名言だ。
この映画を見るとテレビなどでよく見る大食い競争とかやたらに大きく作った○○グルメなどというものがいかにむなしいかがわかる。どんな食品でも大変な苦労で作られていることを知れば米1粒でもおろそかにできないと思う。
 
 
地元製のインスタントラーメン。
例によって2人で分けて美味しく頂きました。
 
Img_1620ss


|

« 似ているけど違った | Main | ベルリオーズ オラトリオ「キリストの幼時」 »

DVD」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 似ているけど違った | Main | ベルリオーズ オラトリオ「キリストの幼時」 »