« ウォーターハンマー | Main | モーツァルト ホルン協奏曲第3番 k.447 »

July 13, 2017

映画 「湯を沸かすほどの熱い愛」

レンタルDVDで観たもの。
1年前に夫が出て行ったために経営していた銭湯を休業してパン屋で働く双葉だったが、末期がんで余命2か月と宣告され行動を起こす。まず探偵を雇って亭主の居所を捜し、連れ戻すと銭湯を再開させた。気の弱い娘にはさらに厳しく接し、自分の力でいじめを解決させた。そして最後に娘を連れて毎年贈り物を届けてくれる人に会いに出かける。
夫が戻ったとき、逃げられた相手の女の連れ子まで一緒だったが、彼女はその子にも分け隔てなく愛を注ぐのだった。母の病を知った娘は、その子と互いに母の前ではぜったいに泣かないことを約束する。
よくあるお涙ちょうだいの余命物かなと観ていたがストーリー展開が見事で驚くとともに涙を抑えきれなかった。とくに娘を演じる杉咲花の演技がほんとうにすばらしい。母の末期の病床で語りながら必死で涙を堪える演技はまだ10代とは思えない。素晴らしい女優だ。最後のシーンは(本当なら)映画のタイトルどおりなのだがこれはそれまでの重苦しい雰囲気を変えるためのお遊びととらえるほうがいいだろう。
何も知らずに借りたが二人でティッシュ箱半分を使ってしまった。主人公の双葉を演じる宮沢りえはさすがだが杉咲花の演技を見るだけでも価値がある。

 
Img_2351l

|

« ウォーターハンマー | Main | モーツァルト ホルン協奏曲第3番 k.447 »

DVD」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ウォーターハンマー | Main | モーツァルト ホルン協奏曲第3番 k.447 »