« 映画 「湯を沸かすほどの熱い愛」 | Main | シューベルト ギター四重奏曲 D.96 »

July 15, 2017

モーツァルト ホルン協奏曲第3番 k.447

NMLから。
デニス・ブレインの独奏、カラヤンの指揮、フィルハーモニア管弦楽団の演奏。
CDでも持っているけれど再生装置の性能の差なのかストリームの高音質モードで聴くほうがいい音です。NMLってホント便利です。ホルン協奏曲の名演奏はたくさんあるのですがいろいろ聴いた後ではやはりこの演奏に戻ります。60年前のモノラル録音だけど全然気にならない音質なのと演奏者がみんな若くてフレッシュなのが魅力的です。特にブレインのホルンは超絶技巧を通り越してまったくフツーに聴こえます。有名で私も大好きな3番を選びましたがテレビ番組などでもよく使われる1番もそのやさしい曲調が親しみやすくていいですね。
 
 
35度の気温と庭のセミがやかましく鳴き出したのでたぶん梅雨明けだと思います。最近の手ごろな写真がないので以前のバラの写真でごまかし。
 
Img_1146wl

|

« 映画 「湯を沸かすほどの熱い愛」 | Main | シューベルト ギター四重奏曲 D.96 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 映画 「湯を沸かすほどの熱い愛」 | Main | シューベルト ギター四重奏曲 D.96 »