« 正々堂々 | Main | DVD 「鹿男 あおによし」 »

June 04, 2017

ベートーヴェン 交響曲第7番 イ長調 op.92

NMLから。
ショルティの指揮、シカゴ交響楽団の演奏。1970年台初めのアナログ録音。
久しぶりの交響曲で40分近い曲を聴いたのも久しぶり。NMLでショルティが最初にウィーンフィルといれた(キンキンの)録音が聴きたかったのですが無かったので選んだこのシカゴとの演奏は実に正統的なもので別の意味で驚きました。
彼は「ニーベルンクの指輪」の録音以来ずーっとワーグナー指揮者だと見られていて、自分はベートーヴェンを録音したいのだと言ったときは日本の評論家は笑ったそうですがいかに評論家ってあてにならないかの見本ですね。私はカラヤンのスポーツカーのような演奏も好きなのですがカラヤン自身この演奏は認めるだろうなぁと思った次第です。9番はCDで持っているのでポツポツとNMLでショルティの全集を聴こうと思います。
 
 
バラと同時に庭の芍薬も咲き出していました。
5月中旬の写真 EOS M2で。 クリック→大
 
Img_2346wl

 

 

|

« 正々堂々 | Main | DVD 「鹿男 あおによし」 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

バルビさん

この7番はいつものシカゴのホールではなくウィーンフィルの本拠であるソフェインザールで録音されたそうでなんとなく音が柔らかい印象を受けました。あと5番、8番を聴こうと思いますがマーラーもいいですね。
「指輪」の全曲LPは持っていますがワルキューレを聴いたところでストップし今は棚の置物と化しています。(笑)

Posted by: よし | June 05, 2017 at 08:55 AM

 若い頃、ショルティさんの演奏にかなりハマっていたことがありました。颯爽とした爽快な演奏が気に入ったのだと思います。ベートーヴェンでは、ご紹介の7番や3番、5番、そして9番などのLPを本当によく聴いたものです。
 演奏については色々と言われる人ですが、今でも私は、マーラーやベートーヴェンなどを彼の指揮で時々聴きます。ワーグナーの序曲などもよいですね。指輪全曲のLPもレコード棚にありますが、未だに全部針が通せていません。そして時が過ぎて、LPを聴かない生活になってしまいました。

Posted by: バルビ | June 04, 2017 at 09:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 正々堂々 | Main | DVD 「鹿男 あおによし」 »