« ヨーグルト納豆 | Main | シューマン 交響曲第2番 ハ長調 op.61 »

March 27, 2017

映画 「西の魔女が死んだ」

動画配信で見たもの。2008年に一般公開された。
原作は梨木香歩の小説で1994年に出版されている。
まいは大好きだった祖母が危篤だという知らせを受けて母の運転する車で向かう途中、2年前の中学1年生の時に不登校になり祖母の家で二人で暮らしていたころを思い出していた。イギリス人の祖母は、自分は魔女の血をひいており、予知できたり透視納能力があるのだと言う。魔女になりたいと言ったまいは祖母のいう「修行」をするのだった。修行というのは夜は決められた時間に寝て朝も決まった時間に起き、畑で野イチゴを摘んだり離れた場所にある鶏小屋から卵を取ってくるようなことだ。勉強も修行のうちに入っていたが何よりも大事なことは自分の意志で決める、ということだった。
山の中の一軒家で優しく穏やかな祖母と暮らすうちにまいは心の安らぎを覚えていたが、ある日諍いをして祖母が暴言を吐いたまいの頬を叩いたことから気まずくなってしまう。
やがて父親の転勤を機に母が勤めを辞めてまいと一緒に暮らそうとやって来た。大好きな祖母と別れることにまいは躊躇したが結局自分の意志で母と暮らすことを決める。そのとき料理中の祖母の手が一瞬止まった。祖母はまいと別れたくなかったのだ。別れの日、いつまでも車を見送る祖母の姿を見てまいは諍いの後、祖母に「大好き」と言っていなかったことを後悔するのだった。まいが「おばあちゃん、大好き」と言うと祖母はいつも優しい顔で" I know. "と返してくれるのだった。
 
いつまでも余韻の残るいい映画だ。
山の中の自然に囲まれた暮らしのなかで祖母が孫に生きるということ、そして死をも教えていく。「死んだらどうなるの?」と訊くまいの問いに「心が身体から離れて自由になるのよ」と答える祖母。そして亡くなった祖母の部屋にはその証拠があった。
なんといっても祖母の役を演じるサチ・パーカーがすばらしい。イギリス人ではなくアメリカ人そしてあのシャーリー・マクレーンの娘でもあるがしっとりとした演技に魅了される。

 


Img_2246wl


|

« ヨーグルト納豆 | Main | シューマン 交響曲第2番 ハ長調 op.61 »

DVD」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ヨーグルト納豆 | Main | シューマン 交響曲第2番 ハ長調 op.61 »