« 映画 「西の魔女が死んだ」 | Main | ビゼー 「アルルの女」組曲1番、2番 »

March 30, 2017

シューマン 交響曲第2番 ハ長調 op.61

NMLから。
アルミン・ジョルダンの指揮、スイス・ロマン度管弦楽団の演奏。
NMLによるスイス・ロマンドシリーズの第5弾です。
OSRの演奏ででシューマンの交響曲が聴けるとは大げさだけどウソみたいです。
アンセルメも晩年はベートーヴェンやブラームスを録音していてそれなりにいい演奏でCDまで買ったくらいですがいかんせん響きが軽いのでこういう重量級の作曲家には不向きだと感じていました。しかし、こうしてシューマンを聴くとこのオケの音色の美しさと溶け合ったハーモニーがシューマンにはとてもよく合うのです。確かにドレスデンとかケルンなど北ドイツのオーケストラのいくぶんくすんだ暗い音色とは違うのですがこうした明るいシューマンもまた格別の魅力があります。個人的に2番は苦手だったのですがこの演奏を聴いて大好きになりましたheart02
ジョルダンはマーラーなども録音していてこのオケをインターナショナルな地位に高めた功労者だと思いますがこのシューマン全集も優れた業績だと思います。
 


万博公園(正式には自然文化園)にて。
例によって名前が不明だけど可憐な花だったので1枚。
 
Img_2275m


|

« 映画 「西の魔女が死んだ」 | Main | ビゼー 「アルルの女」組曲1番、2番 »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

バルビさん
お教えの通りホトケノザでした。ありがとうございます。
何せ花の名前も知らずに写すだけでして・・・(^^;
2番の3楽章のアダージョから4楽章へ入ると一転して力強く進む切り替えもステキですね。
ここでもベートーヴェンやブラームスと違ってあくまでロマンの香りが漂うところがシューマンの魅力でスイスロマンドは美しい音色でさらに魅力を増していると思います。

Posted by: よし | March 31, 2017 at 11:40 AM

 これは、ホトケノザではないでしょうか? 違っていたらごめんなさい。
 シューマンのシンフォニーでは、第2番は最も人気がないかもしれませんね。でも、最近は、私は第2番が一番好きになりました。第三楽章の繊細でロマンティックな表情などはすばらしいと思います。
 ジョルダンさんのこの演奏、興味があります。

Posted by: バルビ | March 30, 2017 at 06:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 映画 「西の魔女が死んだ」 | Main | ビゼー 「アルルの女」組曲1番、2番 »