« 大阪城公園 | Main | プーランク バレエ組曲「牝鹿」 FP36 »

March 02, 2017

映画 「海街diary 」

映像配信で見たもの。2015年の公開作品。
14年前に他の女と家を出てしまった父親の死亡の連絡を受け葬儀に出かけた3人の姉妹は、女の娘つまり自分たちの異母妹に出会う。娘の母親つまり父親を奪った女も亡くなったため父は再再婚をしていて異母弟までいるのを知った長女は、継母の下で行き場が無いに等しいその娘に一緒に住もうと提案する。
女性向けの漫画雑誌に連鎖されているコミックを映画化したもの。監督は「そして父になる」の是枝裕和、看護士でしっかり者の長女を綾瀬はるか、信用金庫に勤める奔放な次女を長澤まさみ、おっとりマイペースな三女を夏帆、母親が違う姉妹の中で葛藤する四女を広瀬すずが演じる。
最初は若い女優さんたちが演じる他愛ない恋愛物語なのかと思っていたら複雑な家族の事情や仕事の上での現実的な話そして恋愛問題などが絡み合うストーリーと江の島周辺の湘南の四季の映像の美しさにいつの間にかひき込まれてしまった。零細企業の資金繰り、終末医療の現実など周辺の人々の厳しい現実を経験しながらいつしか姉妹は、自分自身の存在に悩む四女を中心に心を通い合わせ成長していくのだった。
父が出た後、結局姉妹を捨てた母親役に大竹しのぶ、亡くなった祖母の妹役に樹木希林、 その他堤真一、リリー・フランキー、風吹ジュンなどしっかり脇を固めた配役も功を奏して見終わったあといつまでも心に残る感動を覚えた。第39回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞し、難しい四女役を演じきった広瀬すずが新人賞を取ったのは当然だろう。最初の期待値が低かっただけに上質の映画を見たという喜びが大きい。
 

Img_2072wm


 

|

« 大阪城公園 | Main | プーランク バレエ組曲「牝鹿」 FP36 »

DVD」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大阪城公園 | Main | プーランク バレエ組曲「牝鹿」 FP36 »