« 映画 「駆け込み女と駆け出し男」 | Main | 万博公園の梅 ほぼ満開 »

March 12, 2017

バルトーク ヴァイオリン協奏曲第2番 BB117

NMLから。
独奏はアラベラ・美歩・シュタインバッハー、マレク・ヤノフスキの指揮、スイス・ロマンド管弦楽団の演奏。
スイスロマンド管シリーズの2段目です。日本にも何度も来ているベテランのヤノフスキは2005年からこのオケの音楽監督に就任しており、主にドイツ系のレパートリーを受け持っていたみたいです。NMLでは、珍しいスイスロマンドとのブルックナー全集も聴けるのですが今回は私の好きなバルトークの協奏曲を選んでみました。
ソリストはドイツ人の父親と日本人の母親を持ち近代の作品を多く録音しているようですが美しい音色と力強さを備えてなかなか聴き応えのある演奏を聴かせてくれます。スイスロマンドも昔では考えられない図太い音も出してバルトークの土俗的な魅力を堪能させてくれました。ナチュラルな録音もすばらしい。
 
 
今年は庭の梅が例年になくかなりの花芽を付けました。
高さ1mとはいえ我が家で咲くと本当に愛おしくなりますね。heart02
 
Img_2126s_2


|

« 映画 「駆け込み女と駆け出し男」 | Main | 万博公園の梅 ほぼ満開 »

「協奏曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 映画 「駆け込み女と駆け出し男」 | Main | 万博公園の梅 ほぼ満開 »