« ラロ 「スペイン交響曲」 op.21 | Main | 映画 「百円の恋」 »

February 12, 2017

スティング 「イングリッシュマン イン ニューヨーク」

今朝、久しぶりに「題名のない音楽会」を見たら、ウィーンフィルの8人のメンバーが出演していて何曲か演奏を楽しむことが出来ましたが珍しかったのがこの曲。セカンドヴァイオリンはヴァイオリンを横抱きにしてほぼピチカート専門、クラリネットはサックスセクションを、パーカッションの代わりにコンバスの胴を叩いたりなかなかの熱演でした。
さっそくYouTubeで探しました。実際にスティングの歌を聴くとウィーンフィルの演奏の方が派手ですね。(笑)
歌のバックに流れる昔のニューヨークのモノクロームの映像がすばらしい。


 


 

菊菜をシリコンスティーマーで蒸して食べるのにはまっています。
洗った菊菜をレンジで600Wで2分ほど加熱するだけです。
蒸す前は溢れんばかりの菊菜ですが、
 
P1030151m
 
蒸した後はこんなに少なくなります。少し食べたあとです。(笑)
和風香味ドレッシングをかけていただきます。チョー美味です。
 
P1030153m

 
 

|

« ラロ 「スペイン交響曲」 op.21 | Main | 映画 「百円の恋」 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ラロ 「スペイン交響曲」 op.21 | Main | 映画 「百円の恋」 »