« 映画 「百円の恋」 | Main | 春がそこまで »

February 18, 2017

シューマン 交響曲第3番「ライン」 変ホ長調 Op.97

NMLから。
ジュリーニの指揮、ロスアンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団の演奏。
定評ある名演なのですがCDで持っていないのでNMLで聴けるのは本当に幸せnote。正直、アメリカのオーケストラによるシューマンは響きが明るくて好みじゃなかったのですが、この演奏は柔らかい響きの中に歌心があふれており、この作曲家で時々指摘される響きが薄いという欠点がまったくありません。さすがのマーラーもこの演奏を聴けばグウの音も出ないと思いますよ(笑)。
こういう演奏を聴くとクラシックが好きでよかったと思います。
超の付く名演です。
 

万博公園の梅が6部咲になりました。
EOS X7i 40mm で。クリック → 大

Img_1058wl


|

« 映画 「百円の恋」 | Main | 春がそこまで »

「交響曲」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 映画 「百円の恋」 | Main | 春がそこまで »