« 夜のオオサカホイール | Main | 神戸へ »

December 19, 2016

R・シュトラウス「ツァラトゥストラはかく語りき」

NMLから。
ヴェネゼラ出身の俊英グスターヴォ・ドウダメルの指揮、ベルリンフィルハーモニーの演奏、2012年の録音。
何ともいえずくどくて押しつけがましい曲だけどドイツ人は好きみたいで大指揮者と言われるは好んで取り上げています。だから今回は逆に若くてあっさりしてそうな指揮者を選びました。録音も最新と言っていいものですがNMLで聴けるのがありがたいです。

テレビで昨年の映画「HERO」を放映したのを録画して見たのですがテレビドラマの時とよく同期していて楽しめました。木村拓哉や北川景子も悪くないのですがなんといっても周りを固める検事や事務官のキャストがベテランでその達者なアンサンブルが見事です。話の中でなんとか国の大使館員とペタンク(フランスで人気のある球技)をするシーンがあって投げられた球が太陽に被る場面でこの曲が実に効果的に使われていました。こういうのって相当な知識とセンスが無ければできないですね。大拍手ものですnote
 
先月の近場の紅葉。
 
Img_1529m

 

|

« 夜のオオサカホイール | Main | 神戸へ »

「管弦楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 夜のオオサカホイール | Main | 神戸へ »