« ショパン ワルツ全集 | Main | ベートーヴェン 交響曲第5番 ハ短調 op.67 »

December 02, 2016

阿川弘之 「鱸とオコゼ」

平成17年9月25日 株式会社新潮社 発行。
若い時に読んで面白かった短編でAmazonで探したけれど見つからず、結局図書館の『阿川弘之全集 第二巻』に掲載されているのを見つけて借りたもの。そのあとよく調べたら『青葉の翳り』という自選短編集に収められているのが分かった。戦争ものの作家と見られがちだが北杜夫や遠藤周作たちとの交流のおかげなのかユーモアと皮肉あふれる作品も多く、この作品も海の中の生き物を擬人化した愉快な作品だ。

海の中、胃の調子が悪いと鱸(スズキ)がやぶ医者のオコゼの診察を受けると、お前は今まで蝦を食べすぎたのだ、これからは蝦をやめて菜食主義になりビタミンCを取るのだと言われる。まずい海藻を食べながら愚痴っていると念仏を唱えながらやってきたなまぐさ坊主の海月にあまり気にするなと慰められる。
海上の船では、朝から少しも釣れない二人組があきらめて帰り支度を始めたとき、一人が面白半分に海苔巻の胡瓜を餌にして放り込むと大きな鱸が釣れ大喜びする。生簀に放り込まれた鱸は先に蝦を食べて釣られたオコゼがいるのに気づき「このやぶ医者め!」とくってかかる。海の中ではなまぐさ坊主の海月がぐちゃぐちゃと笑いながら泳いでいた。
瞬間湯沸かし器と言われた短気な阿川弘之にしてはなんともとぼけたお話だが魚たちをうまく擬人化してい楽しい一編となっている。文中のシーンで朝鮮戦争が終わったころの作品だと分かる。海月がぐちゃぐちゃと笑うという表現が秀逸。
 
借りた全集は10年ほど前に刊行されたものだが、これまでに借りたのはどうやら私一人のようで新品同様だった。文章の天才阿川弘之氏に申し訳ないと思う。
 

去年の東福寺。助手の撮影。古木の苔が美しい。

P1020830m


|

« ショパン ワルツ全集 | Main | ベートーヴェン 交響曲第5番 ハ短調 op.67 »

小説」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ショパン ワルツ全集 | Main | ベートーヴェン 交響曲第5番 ハ短調 op.67 »