« 個人プロジェクト終了 | Main | 阿川弘之 「鱸とオコゼ」 »

November 30, 2016

ショパン ワルツ全集

NMLから。アリス=沙良・オットの演奏。
ショパンを聴くのは年に1度くらいなんだけどなぜか14番が聴きたくてNMLを探していたらさすがの名曲だけあって大勢のベテランがひしめく中に若手のこの人を見つけてチョイスした次第。
予想通りフレッシュな演奏だけどピリスの若い時のような落ち着きがいい意味でなくそれこそ果汁がほとばしるような瑞々しさがすばらしい。本命の14番はかなり速いテンポで私のイメージとは違ったけれどそれはそれでいいと思う。コルトーやルビンシュタインまたはアシュケナージやポリーニなどの超ベテランの時代とは違う新しいショパンを聴きたい人にはうってつけだと思う。
NMLの配信ビットレートが上ったとかで録音も本当に見事。
 
 
P1000106pm


 

|

« 個人プロジェクト終了 | Main | 阿川弘之 「鱸とオコゼ」 »

「器楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 個人プロジェクト終了 | Main | 阿川弘之 「鱸とオコゼ」 »